人間関係

嫌がらせに仕返しする方法!相手が思わず手を引くやり方【究極です】

職場で嫌がらせやいじめを受けると、うんざりするしとても傷つきますよね。

社会人になってまで、まだそんなことするの?って感じでドン引きするし、
はっきり言ってムカつくの一言です。

それと同時に仕返ししたい気持ちや、いつか黙らせてやる!といった気持ちがわいてきます。

でも残念ながら「仕返しなんてできないよ・・・」って思っている方がほとんどじゃないでしょうか。

あなたも「くやしー!!」っと思いながら必死に我慢していませんか?

この記事では、嫌がらせをする人間の心理を解説しつつ、究極の仕返し方法を紹介しています。

あなたの頭の中に浮かんでいる”嫌いなアイツ”も、これでやっつけてしまいましょう!

※嫌がらせから脱出したい人はこちらの記事↓も合わせてお読みください。

職場で嫌がらせされる人になってしまう原因はたった一つ【事実】 こういった疑問に答えます。 ✔本記事の内容 ■嫌がらせされる人になってしまう原因が分かる ■...

そもそも仕返しはしていいの?

仕返ししたい!!

と反射的に思っても、心のどこかで、「自分にされて嫌なことを相手にやってはいけない」と幼少期に言われたのを思い出して、仕返しするのにブレーキがかかることってあると思います。

次のような無限ループがあなたの頭の中にはありませんか?

仕返ししたい!

でも方法が分からない

うーん。そもそも仕返しなんて
やったらダメだし我慢しよう

(数日後・・・)
やっぱり我慢するなんて無理だ

仕返ししたい!

大人になってからの嫌がらせやいじめは、子どもの嫌がらせとは桁違いに悪質だったり、巧妙な手口だったりします。

そんなズル賢い人間を相手にしていると、「自分にされて嫌なことを相手にやってはいけない」という言葉を真に受けていいのかと疑問に感じてきます。

とはいえ、深く考えもせずに相手と同じ方法で仕返ししてしまうと、ますます相手がエスカレートするのも目に見えていますよね。

なので、相手を突き放すほどの仕返しをするには、嫌がらせやいじめをする人間の心理を読み解くことから始めないといけないんです。

職場で嫌がらせをする人間の心理

あなたの敵である「嫌がらせ、いじめ」をする上司や同僚・・・

いったい何のためにあなたに嫌がらせをするのでしょうか。

目的は何?って感じですよね。
それでは相手の心理を探ってみましょう。

自尊心が低い

自尊心とは、自分の考えや行動を尊重し大切にする気持ちです。

つまり「自尊心が低い=自分を好きになれない、自信がない」といった意味になります。

自分に自信がない人は、自分という存在が周囲に認めてもらってないように感じたり、俺って本当にこの職場で役に立っているのか?といった感情が常に頭の中にあります。

ポッカリ空いてしまった欲求を満たすための手っ取り早い行動として、周りに対する嫌がらせをしてしまうのです。

嫌がらせという攻撃をし、相手の困っている顔を見て、「自分は優位に立っているんだ」と自分に自信を持とうとしているだけなのです。

もちろんですがこのやり方で優位に立てたとしても、ニセモノの気持ちで満たされるだけです。長続きしません。

なので、何回も同じことを繰り返してしまうのです。

不安や不満を抱えてる

嫌がらせやいじめをする人間は、不安や不満を抱えています。

なぜなら今の生活に満足し幸せに生きている人間であれば、他人へ攻撃しようとする心理は働くことがないからです。

例えば、彼女が欲しいけどなかなか出来ないA君がいたとします。
そこへ突然、同僚のB君に彼女が出来たという事実を耳にします。

A君
A君
クソ!なんであんな奴に彼女が出来るんだ!しかも明日、有給とってデートに行くらしいじゃないか・・・あいつに仕事を積んでおいて有給取れないようにしてやる・・・!

こんな状況ってよくあるパターンですよね?

A君は自分に彼女がいない不満から、B君に対して攻撃に走ってしまっています。
「このまま彼女が出来ないかもしれない」といった、不安にかき立てられているのです。

さらに別の例を考えるなら、お金に不安のある人は、自分と同僚の給料をシビアに比較したり、自分より査定の高い人間に嫉妬してしまい、嫌がらせをやってしまいます。

なにかしらコンプレックスを持った人間が、攻撃することでポッカリと空いた部分を補おうとしているんですね。

仕返ししたい気持ちをどう処理するか

さっきの章で、嫌がらせやいじめをする人間がどんな心理状態にあるのか分かりました。

ハッキリ言って可哀想な一面があって、人間的に弱いと思いませんでしたか?

それが分かっただけでも、ちょっと気分が楽になったんじゃないかと思います。

でも!
やっぱり仕返ししたいっ!!

その気持ちよーく分かります。

僕も同じ気持ちでしたから。

ですが、考え方を少し変えるだけでその仕返ししたい!という気持ちをうまく消化する方法があるんです!

何をされようが自分の方が優位だと考える

嫌がらせをする人の心理の一つ目は、「自分に自信がない」でした。

だから、あなたを攻撃してくる。

でもこれって見方を変えると、「あなたの方がわたしより上です」と相手が認めている行動だと思いませんか?

相手が初めからあなたの事を下に見ているなら、あなたを攻撃したところでなんの優越感も得られないはずです。

あなたの事を上だと思っているから、嫌がらせでなんとか優位に逆転してやろうと躍起になっているのです。

とてもみじめな行動だとおもいませんか?

あなたのほうが優位に立っているのはすでに確定しているんです!

なので自信を持ってくさい!

相手が持っていないものを、自分は持っていることを知る

嫌がらせやいじめをする人の心理の二つ目は、「不満や不安を抱えている」でした。

あなたがターゲットにされてしまう理由。ずばりそれは相手が持っていないものをあなたが持っているからです。

カンのするどい方なら、もうお分かりかもしれません。

あなたがターゲットになっている段階で、相手はあなたのほうが多くを持っている人間であることを認めていることになります。

なぜでしょうか?

嫌がらせやいじめする人間は、自分が持っていないがゆえに不安や不満を抱えているのです。

持っていないものとは、

  • プライベートなら仲の良い友達であったり、恋人など
  • 仕事なら発言力や影響力、そして上司からの評価など

モノに例えて言うなら、いい家に住んでるとか、高級車に乗ってるとか、高い時計を持っているとかそんな感じです。

あなたの持っている部分に相手は嫉妬して、嫌がらせをすることでやりきれない気持ちを穴埋めしようとしているです。

あなたを攻撃することによって自分を安心させているのです。

やっぱりみじめな行動ですよね。
相手より多く持っているあなたはどんどん自信を持ってください!

究極の復讐方法とは

ここまで読んでわかって頂いたと思いますが、
嫌がらせやいじめをする人間は、あなたより確実に人間的に弱いです。

相手の目にはあなたのことがうらやましく映っているのです。

もしあなたが、今まさしくムカついている相手へ同じようなレベルで仕返しするとしたら、それは一時的にはスッキリするかもしれません。
とはいえ、それをやっちゃうと
相手と同じ立場へ急降下しちゃうことになります。

周りの人間からすれば、あなたもアイツも同じレベル人間だと思われてしまいます(>_<)

なので、あなたはあなたらしく今のポジションにいてください。

相手と同じ土俵に立たないためには、次のように仕返ししてやりましょう。

アイルランドの古い”ことわざ”にこんなのがあります。

Don’t cry. just revenge. The best revenge is to live well.
(訳)泣くな、復讐しろ、最高の復讐は幸せになること

あなたを攻撃しても、あなたが平然と幸せそうに生きていたら、相手はどんな思いをすると思いますか?

それはそれは悔しがると思いませんか?だって相手の思い通りにいってないですからね。

あなたは「そんな攻撃、私にはまったく効いてませんよ」と、行動で示してやればいいのです。

つまり、あなたが今よりも幸せになって、さらに成功して見返してやることが、相手への一番の復讐なんです。

これこそまさしく大人の仕返し方法だと言えるでしょう。

  • 可愛い彼女と付き合う
  • 趣味に没頭してプライベートを充実させる
  • 転職して今より待遇の良い会社で働く

上にあげたのはほんの一例ですが、どんな方法でもいいです。

大事なのは、あなたがどんな嫌がらせ・いじめにも動じず、笑顔で幸せでいること。

相手はそれが一番は悔しいんです。

あなたが幸せになればなるほど、嫌がらせをしているアイツはどんどんみじめな気持ちになるのです。

いじめを受けたときはどんどん復讐してください。
でもその復讐方法は、「アイツに見返してやる」ことです。

「くそっ!アイツにどうやって仕返しをしてやろうか!」

あなたはこういった考えで頭がいっぱいだったかもしれません。

これからは見返すことで、あなた自身が幸せにもなりつつ、アイツへ仕返しも同時にやっちゃいましょう!

今すぐできるアイツを見返す方法

職場で嫌がらせやいじめをしてくるアイツを見返してやりたかったら、転職して今の職場よりももっと待遇のいい職場に転職しましょう。

もしあなたが、こんな会社に転職したらアイツはどう思うでしょうか?

  • 今の会社よりも給料が良い、ボーナスも良い
  • 今の会社よりも有給が増えて、しかも休みやすい雰囲気
  • 今の会社よりもブランド力が強く有名

「そうなんだぁ…」と涼しい顔をしつつも、心の中では「マジ!?悔しい・・・!」って思うでしょうね。

これなんですよ!究極の仕返しって。

このような転職を実現すれば、あなたにとってのメリットはこんなにもあります。

  1. 今よりも給料が上がり、休みが増える
  2. うっとうしいアイツに会わなくてすむ
  3. そして、アイツい悔しい思いをさせてやることができる=究極の仕返し

でもこんな話をしると、

悩む人
悩む人
そんな簡単に今より待遇のいい会社に転職なんて無理でしょ

なんて反論するかもしれません。

ですが、方法はありますよ。

転職エージェントをうまく利用しよう

実はリクルートエージェントという転職エージェントなら、利用した人の5人に3人が年収がアップしたという結果が報告されているんです!

さらにリクルートエージェントは転職支援実績数が国内1位という実績を持っています。

実際に転職した人のうち、半年以内に退職してしまう人はわずかの4%。なので、それだけ転職した人の満足度も高いと言えます。

つまりこのデータは、リクルートエージェント転職したいお客様の希望をしっかりと聞き取り、親身になって考えて新しい転職先を紹介している証拠だと言えます。

ちょっと想像してみてください。

あなたが今より待遇のいい会社へ転職が決まったときの、アイツの反応を。

くっそーーー!!!
くやしーーー!!! (`ヘ´)

って絶対思うでしょうね(*^_^*)

今のアイツへの怒りを、プラスのエネルギーへ変換して、見返すための一歩を踏み出しませんか?

学歴や資格を持っていないと登録できないなんてことはないので、まずは登録してみましょう。

優良な求人情報が集まる転職エージェントはこちらです↓
【登録無料】リクルートエージェント公式ページ

なかなか踏み出せないあなたへ

職場での嫌がらせやいじめは、そう簡単になくなりません。だからあなたは今までアイツに苦しめられてきたのだと思います。

じゃあここで仕返しをしなかったら、いつ仕返しをするつもりですか?

残念ながら、じっと待っていては今の状況は変わることがありません。明日からまたいつもと同じ毎日が始まってしまいます(+_+)

さらに言うならば、周りの環境に変化を求めている段階で、文句や悪口ばかり言っているアイツと同じ土俵に少しずつ落ちてしまっています。

あなたが、

イヤだ!アイツと同じになんかなりたくない!
もっとできるはずだ俺は!

と思うのなら、今すぐ行動を起こしましょう!!

この一歩を踏み出せるかどうかが、あなたの将来を大きく左右するのです。

こういった機会を活かすも殺すもアナタ次第ですよ。

優良な求人情報が集まる転職エージェントはこちらです↓
【登録無料】リクルートエージェント公式ページ

さいごに

ムカつく相手がいたら、本能的に仕返ししたくなる気持ちになるでしょう。

しかしここは、相手より一歩先に進んで、相手に見返す生き方を選びませんか?

「自分が成功して幸せになること」に突き進みましょう。

そうすれば、あなたが仕返しなんか忘れたころに、相手は悔しい思いをしている事でしょう。

その手段の一つとして、今の会社よりも待遇の良くて、誰もが羨ましいと思う会社に転職するというのもいいでしょうね。

優良な求人情報が集まる転職エージェントはこちらです↓
【登録無料】リクルートエージェント公式ページ

P.S.

あなたが20代で、「転職に不安がある」「なかなか勇気が出ない」と悩んでいるのなら、こちらの記事↓を合わせてお読みください。考えがひっくり返りますよ。

20代転職は不安でも悩む必要がない理由【チャンスを逃してます】 20代で転職しようと思う人はこういった悩みや不安をみんな持っています。 なので、いざ「転職したいな」と思っても、失敗するの...

関連記事

職場で嫌がらせされる人になってしまう原因はたった一つ【事実】 こういった疑問に答えます。 ✔本記事の内容 ■嫌がらせされる人になってしまう原因が分かる ■...
【極論】苦手な人や嫌いな人が一瞬で気にならなくなる付き合い方あの人がいなかったらもっと気楽に仕事が出来るのに…あの人がいるから仕事が憂うつになる←こんな悩みをもっていませんか?この記事では苦手な人・嫌いな人が一気にならなくなる方法を紹介しています。...
【理不尽な上司に反論したい人へ】相手を黙らせる魔法の言葉とは!?どこにでもいる理不尽な上司・・・本当に嫌になりますよね。 「自分のミスじゃないのに、勝手に自分のミスだと決めつけて説教してくる。。...

こんな経験ありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■でも何もせずにずるずる時間が過ぎてしまっている

■早くなんとかしないと…と思いつつも、具体的に何をしたらいいのかわからない

そんなあなたのために、『誰でもできる具体的な一歩』をお伝えします。