人間関係

職場で嫌がらせされる人になってしまう原因はたった一つ【事実】

嫌がらせに困っている人
嫌がらせに困っている人
なぜ自分は嫌がらせをされるんだろう…
ターゲットにされてしまう理由があるのかな…
嫌がらせをされない人間に生まれ変わる方法が知りたいです

こういった悩みに答えます。

✔本記事の内容

■嫌がらせされる人になってしまう原因が分かる

■嫌がらせされる人からされない人へ変身する方法が分かる

この記事を読み終えれば、あなたが嫌がらせをされてしまう原因が明らかになります。

そして、嫌がらせのターゲットから脱出することができますよ。

たける
たける
職場での嫌がらせは、陰湿ないじめにもなりえるので、この機会にターゲットにならない人へ変身しましょう!

嫌がらせされる人になってしまう原因はたった一つ

なぜ「自分が嫌がらせをされてしまう人」なのかを考えましょう。

といっても、この原因はたった一つで、シンプルなんです。

次の通りです。
ちょっと厳しい事いいますが、気にせず読み進めて下さいm(__)m

嫌がらせする人の気持ちを理解できていない

嫌がらせをされる人は、嫌がらせする人が、なぜ嫌がらせをやってしまうのかが理解できていないんです。

とはいえ、こんなことを言うと、

嫌がらせされてる人
嫌がらせされてる人
嫌がらせをするような最低な人間の気持ちを、なぜ理解しないといけないんだ!

という反論が出ると思います。
でもちょっと聞いて下さい。

あなたは今、嫌がらせされる人からされない人へ変身したいと思っていますよね。

変身するのに一番の近道は、嫌がらせをする人の気持ちを理解する事なんです。

これが分かると、嫌がらせをする人の特徴が分かり、さらにその特徴を分析することで嫌がらせされない人へ変身する方法が見えてくるとうわけなんですね。

なので、まずは嫌がらせをする人の気持ちを掘り下げて、特徴をよくつかんでおくことから始めましょう。

嫌がらせをする人の特徴

さっきも言いましたが、嫌がらせをする人の気持ちが分かれば、その人間の特徴も見えてきます。

その主な特徴は3つあります。

  1. 自分のコンプレックスを極端に気にしている
  2. 周りの人間をうらやましく感じている
  3. 承認欲求が満たされていない

自分のコンプレックスを極端に気にしている

周りに嫌がらせをする人は、自分のコンプレックスを気にしています。

自分を大きく見せたい、強く見せたいという欲望から、自分のコンプレックスを相手に見られるのが怖いんですね。

例えば、「その服、かっこいいね」と言っただけなのに、「なに?じゃあ普段はダサいってこと?」って返してくる人いませんか?

こういう人は、自分の身だしなみにコンプレックスを感じているのが明らかです。

身だしなみに自信がなくコンプレックスを感じているので、褒められているのにもかかわらず、ネガティブな反応をしてしまうんですね。

周りの人間をうらやましく感じている

嫌がらせをする人は、自分よりも周りの人間のほうが幸せそうだ、楽しそうだとうらやましく感じています。

さっきの話ともつながるのですが、嫌がらせをする人は考え方がネガティブです。

なので、他人と比べて「自分の方が不幸だ」ととらえるのです。

不幸だという感情が強くなると、幸せそうな人や仕事がうまくいっている人に対して嫉妬してしまい、嫌がらせをしてやろうといった言動へうつってしまうんですね…。

承認欲求が満たされていない

人には「他人に認められたい。尊重されたい。」といった欲求があります。(これを承認欲求と言います。)

嫌がらせをする人は、この承認欲求の中でも上位承認欲求という「優位な関係で認められたい」といった欲求を持っているんです

つまり、「相手に舐められたくない、上に立ちたい」といった欲求が強いんです。

ところが残念なことに、ネガティブ思考でさらにコンプレックスを気にしすぎる性格なので、自分の実力だけではこの欲求が満たされることはまず有り得ません。

なので、この欲求を無理やり満たすために、周りへ嫌がらせをしてしまうのです。

嫌がらせされないための具体的な対処法

ではここから、どんな具体的な対処法があるかを考えていきます。

次の3つです。

  1. 相手のコンプレックスを刺激しない
  2. 相手にとって目立つ存在にならない
  3. それでもダメなら距離を置く

相手のコンプレックスを刺激しない

嫌がらせをする人は、コンプレックスを過剰なほど気にしていることがさっき分かりましたよね。

ということは、そのコンプレックスを刺激してしまうことは絶対に避けないといけません。

もしその部分に触れてしまうと、あなたは嫌がらせのターゲットにされること確定です。

そうならないために、相手のコンプレックスが何かを普段から探っておきましょう。

一度コンプレックスに触れてしまうと、

そんなつもりで言ったんじゃないんだよ。。。

と、あと後からフォローしても残念ながら水の泡でしょう。

ネガティブ思考な相手は、あなたのことを「自分のコンプレックスを突いてくるイヤな奴」だと認識し、強く根に持ちます。

その結果、あなたを嫌がらせやいじめのターゲットにしてしまうんですね。

なので、相手のコンプレックスを刺激しないように気を付けましょう。

相手にとって目立つ存在にならない

ターゲットにされないためには、目立たない事が重要です。

ここで言う「目立たない」とは、私生活の充実っぷりを自慢したりとか、職場の成績の好調ぶりを嬉しそうに話したりすることを避ける、という意味です。

ようは、あなたが嫌がらせのターゲットになってしまわない事が目的なので、嫉妬されるような存在になってはいけないのです。

ところが、

自分で努力してつかみ取った幸せなんだから、嫉妬される筋合いなんてないよ!

とあなたは言うかもしれません。

確かに僕も、努力した人だけが成功をつかめるのは当たり前だし、正論だと思います。

とはいえ、嫌がらせをする人にとって、そんなことは関係ないのです。

うまくいっている人と自分を比較して、「なんであいつのほうが充実してるんだ?」と嫉妬し始めると、その部分だけしか目に入らなくなるんです。

その裏側に努力があるとかは一切気にせず、「なんであいつが・・・」といった嫉妬心で頭の中がいっぱいになってしまいます。

さっきも言いましたが、嫌がらせをする人は上位承認欲求があるので、他人に先を越されるのが我慢できないのです。

これが嫌がらせの原動力となるのは間違いないです。

なので、嫌がらせをするような人の前では、目立つような行動は控えましょう。

それでもダメなら距離を置く

  1. 相手のコンプレックスを刺激しない
  2. 相手にとって目立つ存在にならない

といった2つの対処法を紹介しましたが、この2つを同時にしかも簡単にやろうとするなら、その相手から距離を置くことが一番簡単です。

そもそも接点を持たない人間から、いきなり嫌がらせをされることってないですよね。

なので(無視するとはまでは言いませんが、)必要最低限だけの付き合いにとどめて、距離を置くのが得策です。

とはいえ、いきなり距離を置くのはハードルが高く感じるかもしれません。

この記事↓を読めば「距離を置くこと」は誰にでも出来るんだと自信が持てるので、合わせて読んでみて下さい。

【極論】苦手な人や嫌いな人が一瞬で気にならなくなる付き合い方あの人がいなかったらもっと気楽に仕事が出来るのに…あの人がいるから仕事が憂うつになる←こんな悩みをもっていませんか?この記事では苦手な人・嫌いな人が一気にならなくなる方法を紹介しています。...

まとめ

というわけで、最後にポイントをまとめておきます。

嫌がらせをする人の特徴
  1. 自分のコンプレックスを極端に気にしている
  2. 周りの人間をうらやましく感じている
  3. 承認欲求が満たされていない
嫌がらせをする人から身を守る方法
  1. 相手のコンプレックスを刺激しない
  2. 相手にとって目立つ存在にならない
  3. それでもダメなら距離を置く

特徴のところでも言いましたが、嫌がらせをやる人って、平たく言うと人間的に弱いんです。

だから極論を言うと、そんな人は相手にしなくて良いレベルかと。

でも同じ職場にいると、そういうわけにもいかないと思うので、ここであげた対処法で解決できることを願っています。

間違っても、相手と同じレベルで仕返しをするのは絶対にやめてください。

そんなことをやっちゃうと相手と同じレベルに急降下しちゃいます。

大人の対応で賢くやりすごすのほうが、嫌がらせをされない人へ変身できる近道になりますよ。

関連記事

嫌がらせに仕返しする方法!相手が思わず手を引くやり方【究極です】職場での嫌がらせやいじめに困っていませんか?大人の嫌がらせは陰湿で、悩みが深いです。この記事では、単にやり返すのではなく、相手から離れていく仕返し方法を紹介しています。...
【極論】苦手な人や嫌いな人が一瞬で気にならなくなる付き合い方あの人がいなかったらもっと気楽に仕事が出来るのに…あの人がいるから仕事が憂うつになる←こんな悩みをもっていませんか?この記事では苦手な人・嫌いな人が一気にならなくなる方法を紹介しています。...

こんな仕事の悩みありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■この先ずっと今の仕事をするのは無理

■今すぐ会社をやめようとは思わないけど、いつか限界が来そう

こんな仕事の悩みを解消する方法を、ここからお伝えします↓