仕事の悩み

仕事の理不尽にストレスをためている君へ知ってほしい5つの対処法

  • 同じことやってるのになぜあの人は高く評価されるんだろう?
  • ちゃんと報告したのに、そんな話オレは聞いてない!って言われた…。

あなたもこんな理不尽な扱いを受けてませんか?

たける
たける
職場で理不尽な扱いを受けていると仕事のやる気が一気に無くなりますよね。

早くこんなストレスのたまる状況から脱出したいと思いませんか?

✔この記事からわかること

■上司が理不尽なことを言う理由が分かる

■理不尽な扱いをされた時の対処法が分かる【5つあります】

この記事を読み終えれば、どうすれば今のストレスから脱出できるのかが分かるようになります。

ふと気が付くころには、あなたは仕事をスムーズにこなせるようになっていますよ。

※今すぐ理不尽な上司に反論したい人はこちらの記事↓を合わせてお読みください。

【理不尽な上司に反論したい人へ】相手を黙らせる魔法の言葉とは!?どこにでもいる理不尽な上司・・・本当に嫌になりますよね。 「自分のミスじゃないのに、勝手に自分のミスだと決めつけて説教してくる。。...

▼ほかにも気になる上司の対処法はこちら▼

嫌いな上司の対処法まとめ【上司のタイプを10種類に分けて解説】 アイツいつが居るだけで腹が立つ アイツのせいで会社が楽しくない アイツがいるから仕事が嫌いになった こ...

なぜ上司は理不尽なことを言ってくるのか

上司が理不尽な事を言う理由は3つあります。

✔理不尽なことを言う理由

  1. 理不尽が職場で受け継がれている
  2. 論理的に話せないのをごまかそうとしている
  3. ストレス解消に部下を使っている

では一つずつ見ていきましょう。

理不尽が職場で受け継がれている

職場の風土そのものが、理不尽で固められているパターンです。

上司自身が理不尽な扱いをされてきた過去を持っているので、そのまま部下に対しても理不尽な扱いをしてしまうんです。

もちろん上司も、理不尽な扱いをされていた時は不満を感じていたハズです。

とはいえ、耐えているうちに少しずつ麻痺している or 仕事なんて理不尽なものだと開き直っている可能性があります。

例えば、あなたに無理やり仕事を押し付けてくる上司は、実はその上にいる理不尽な上司によってコントロールされているだけなのかもしれません。

本当ならば部下を守るためにも理不尽な命令には逆らってほしいですが、さっきも言ったように感覚が麻痺していると、部下に理不尽な命令をそのまま下ろしてしまうのです。

論理的に話せないのをごまかしている

論理的な話が出来ない上司は、理不尽な事を言ってしまいます。

うまく説明したり説得力のある会話が出来ないので、自分の言いたい事だけを相手に押し付けてしまうのです。

仕事なんてものは、”緊急で今すぐやってくれ”という話が多いです。

ですがこのとき部下に対して、納得してやってもらうまで論理的に説明できるかが上司の腕の見せ所でしょう。

しかしこれが出来ずに、自分の言いたいことだけを言って指示を出してしまう上司は、部下たちに不信感を持たれてしまいます。

たける
たける
こんな上司の部下になってしまうと、本当に萎えますよね…

ストレス解消に部下を使っている

これが一番”悪質”です。

自身のストレス解消をするために、理不尽な指示を出して楽しんでいるんです。

相手が部下(=自分より弱い立場の人間)である以上、なかなか言い返すこともできないのを分かっているので、理不尽な要求を押し付けているんです。

ストレスは他の人間に移ってしまうものです。

上司がストレス解消のためにこんな方法を使い続けると、部下にストレスがどんどん蓄積されてしまうことになって、職場全体の雰囲気も悪くなるでしょう。

もしあなたがこんな上司の嫌がらせに困っているなら、こちらの記事も合わせてお読みください。

嫌がらせに仕返しする方法!相手が思わず手を引くやり方【究極です】職場での嫌がらせやいじめに困っていませんか?大人の嫌がらせは陰湿で、悩みが深いです。この記事では、単にやり返すのではなく、相手から離れていく仕返し方法を紹介しています。...

ここまでをまとめます

上司が理不尽なことを言ってくる理由はこの3つです。(原因を書き加えました)

  1. 理不尽が職場で受け継がれている(原因:環境)
  2. 論理的に話せないのをごまかそうとしている(原因:上司の能力の低さ)
  3. ストレスの解消に使っている(原因:上司の怠慢)

①をのぞけば、理不尽なこと言ってしまう上司は、上司自身に問題があると言えますよね。
(まぁ①も見方によっては、上司に責任があると思いますが・・・)

仕事の理不尽にストレスをためない5つの対処法

ではここから理不尽な扱いをされた時の対処法を見ていきましょう!

たける
たける
大前提として、あなたは何も悪くはありません。
なので自分を責めないでください。

上司や職場の風土に問題があるのですよ!

具体的な対処法は次の5つです。

  1. 真に受けず、流す
  2. 残念な上司だと考える
  3. 必要以上に謝らない
  4. 会社への期待をなくす
  5. 程度が過ぎる場合は専門機関へ相談する

真に受けず、流す

とにかく真に受けず、聞き流してしまいましょう。

理不尽なことを断れずに呑みこんでしまう人のほとんどは、責任感が強く、純粋な人間です。

言われた事を真面目に聞いてしまい、まともに受け取ってしまいます。

あなたは上司の命令だから仕方がないと自分に言い聞かせて、ムリに消化しようとしていませんか?

理不尽には程度っていうものがあります。

”程度”が行き過ぎた理不尽は聞き流すべきです。
※本来、正論を持って対処するのが理想ですが、今回の対処法としてはそこまでする必要はありません。ムダな体力の消耗です。

たける
たける
相手の感情を逆なでしないように注意しながら、「そうなんですか」と淡白な対応で聞き流してみましょう。

残念な上司だと考える

理不尽なことを言ってしまう上司を、「あぁ、残念な人だなー」と見下してやりましょう。

さっきの章で、理不尽な発言をする上司は、能力が低いことや、怠慢であることが分かったと思います。

つまりそれは「プライドが高い」「マネジメント能力が低い」「自己中心的」っていうことなんです。

自分が出来ていない部分を正当化しようとした結果、理不尽な発言につながっているのです。

なので理不尽な発言をしている人間を見たときは、「自分のポジションをキープしようと必死なんだな。可哀そうー」といった感じで一歩引いた目線で見てみましょう。

たける
たける
この考え方をすれば上司を客観的に見ることが出来るので、感じていたストレスが緩和されるんです。

上司に必要以上に謝らない

理不尽な上司を相手に「すいません」「申し訳ありません」と言ってその場を回避しようとしてはいけません。

謝ってしまうと、上司の理不尽な主張をあなたが認めてしまったことになります。

上司と話している時間がムダに感じたり、早く自分の仕事に戻りたいときってありますよね?

その場を早く切り上げるために”とりあえず謝って話を終わらす”という方法を使い続けると、どうなると思いますか?

きっと上司はますますあなたに理不尽なことを言ってくるようになるでしょう。

なぜなら謝ってばかりいると、「こいつはすぐに責任を背負ってくれるカモだ」と上司から思われてしまい、どんどん調子に乗ってくるからなんです。

あなたのミスだと断定されてしまうと、あなたの仕事も増えてしまい、結果的にはいい方向へ進みません。

なので必要以上に謝らないことが大事です。

たける
たける
あなたが本当に自分が悪いと思った時にだけ、謝罪するようにしましょう!

会社への期待をなくす

この状況を乗り切れば

  • 「いつかは給料を上げてくれるだろう」
  • 「いずれは待遇がよくなるかもしれない」

と会社に期待するのはやめましょう。

待遇なんてものは会社が決めることであって、あなたの力ではどうすることもできません。

にもかかわらず、もしかしたらなんて期待を寄せながら毎日理不尽に耐えていると、自分でも気がつかないうちにストレスを溜めこんでしまい、最終的には体が悲鳴を上げてしまいます。

期待が上がっていけば上がるほど、「いつになればこの我慢は終わるんだ」といった感情が湧きあがってきます。

するとどんどん仕事に対する意気込みが消え、不満やストレスが急速に増加します。

厳しいことを言いますが、「こんなに辛い状況を我慢してるんだからいつかはいいことがある!!」といった根拠のない期待に身をゆだねて信じるのはやめるべきです(>_<)

程度が過ぎる場合は専門機関へ相談する

程度が過ぎる理不尽な発言が頻繁にみられるのであれば、残念ながらそれはパワハラに該当するかもしれません

そんな時は会社の相談窓口でもいいですし、外部機関の窓口でもいいです。
とにかく相談するようにしましょう。

『理不尽なことを言う上司』だけでは済まされない状況になっています。

たける
たける
例えばですが、パワハラ上司は初めからパワハラをしているわけではありません。
パワハラをやってしまうまでに段階を踏んできているのです。

つまり今のあなたは、パワハラ予備軍の上司に直面しているのかもしれません。

あるいはもしかしたらすでにパワハラ上司になっているかも…。

いますぐ情報を集めて相談に行きましょう。

パワハラの基準については、この記事に詳しくまとめたので合わせてお読みください。

これってパワハラ?と思った時に判断する基準5つ【わかりやすく解説】これってパワハラなのかな?こんな疑問を抱えて困っていませんか?実はパワハラの白黒を判断するには5つのポイントがあるんです。国が公表しているパワハラの定義を基に、パワハラを経験した僕が分かりやすく解説しています。...

どこに相談したらいいのか分からない場合は、無料の相談窓口をまとめておいたので、こちらの記事を合わせてお読みください。

パワハラの無料相談窓口を紹介【証拠は必ずとっておきましょう】 パワハラを相談できる人が周りにいない… 無料で相談を受け付けてくれる窓口があるらしいけど、どんなのがあるか知りたい...

それでも辛いのなら

これらの対処法をやってみてもまだ理不尽な扱いを受けてツライのなら、見切りをつけて他の仕事を探すことも考えましょう。

少々乱暴な言い方ですが、転職してしまえば人間関係も、職場環境もすべてリセットされます。

といっても今すぐ転職しろと僕は言っているのではありません。

一番おすすめなのは『逃げ道を今から作っておく』ことです。

例えば転職サイトを眺めながら、

  • こんな職場で働らいてみたいという目星をつけておく
  • 自分の希望する職種、希望勤務地を登録してオファーを待つ

たったこれだけのことです。

これさえもできないようであれば、今の状況から抜け出せませんよ。

勇気を出して行動してみてください。

優良な求人情報が集まる転職サイトはこちらです↓↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ
毎週2万6000人以上が新規登録しているという超大手の転職サイトです

責任感の強い人ほど「今の仕事がすべてだ」と思っちゃう

ちょっと肩の荷をおろしましょう。

「自分が居なくなると周りの人間に迷惑がかかる」なんて思っていませんか?

責任を持って仕事に熱心に取り組む姿勢は大切ですが、今の仕事で泣くほどツラい思いをしているのならば、やめたっていいんですよ。

だってあなたの人生ですよ?

あなたの人生なんだから、あなたが自由に決めていいんです。

でも辞めるってなると、こんな不安があると思います。

  • 新しい仕事は見つかるかな??
  • また面接受けるのめんどくさいなぁ
  • せっかく今の仕事慣れてきたのに

この気持ちすごく分かります。

たける
たける
でもだからと言って今の状況を放っておいてはいけませんよね…

であれば少しだけ行動しませんか?

今すぐ転職する気がなくても「逃げ道」は作っておいたほうがいい

今すぐ転職を考えていなくても、転職サイトには登録しておいた方がいいです。

「もう限界だ。。。(+_+) よし、転職しよう!」って思っても、その時にはもう遅いんです。
なぜなら限界にきてしまった人間は、転職のやり方すら調べる気力がないんですよね。

理不尽な職場でストレスが溜まっているのなら、いったん求人サイトに登録だけして逃げ道を確保しておきましょう。

気になる求人情報をあらかじめストックしておけば、本当に自分がダメになった時の逃げ道を「まだ元気なうち」に作っておくことができるのです。

これってめちゃくちゃ大事です。次の就職先を探さずに退職なんてことになると、無職になっちゃいますからね。

僕もツラい時に転職サイトに登録した経験があるんですが、気になる求人情報をなんとなく見ているだけでも、

  • 「転職という選択肢」もアリだな
  • どうにもならなかったらこっちに逃げよう
  • こういう職場だったら理不尽な思いせずに働けるのかな

なんてイメージしているとワクワクしてくるんです。

転職サイトを利用して「逃げ道を作るだけ」でこんなにも心に余裕ができるんだと感動しました。

たける
たける
転職サイトは完全無料です。
しかも登録したからといって必ず転職しないといけないわけじゃないので、安心して下さいね。

あなたにとってのリスクはゼロです。

こういった時に行動しないとまた明日からも同じ毎日が始まっちゃいます。

悩む時間もモッタイナイのですぐに行動しちゃいましょう!

優良な求人情報が集まる転職サイトはこちらです↓↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ
毎週2万6000人以上が新規登録しているという超大手の転職サイトです

「リクナビNEXT」の魅力、凄さ、利用するメリットについてはこの記事にまとめておきました↓合わせてお読みください。

転職サイトで迷ったならリクナビNEXTを選ぶ3つの理由【決定版】 リクナビNEXTってたくさんの人が利用してるみたいだけど、なぜそんなに人気があるの? 決め手となる理由があるなら知りたいな...

関連記事

転職には興味あるけど「不安だ」という20代はこの記事↓を読んでみてください。考え方が一転しますよ。

20代転職は不安でも悩む必要がない理由【チャンスを逃してます】 今の会社でまだ3年も働いてないけど、転職できるかな? 勤続年数が短いのは転職に不利? スキルもないしアピールポイント...

こんな悩みありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■この先ずっと今の仕事をするのはムリ

■今すぐ会社をやめようとは思わないけど、いつか限界が来そう

こんな仕事の悩みを解消する方法を、ここからお伝えします↓