上司

押し付け上司から身を守る対処法3つ【真に受けないのが大切です】

上司に仕事を押し付けられてツライ。
ただでさえ今の業務でパンパンなのに、これ以上の仕事を任せられてもムリ。
でも、怖くて上司に断るなんて出来ない…。
ここ最近まともに寝れてないし、もうさすがにシンドくなってきた…。

こういった悩みにお答えします。

仕事を押し付けられた結果、まともに休むことができないほど働いていませんか?

あなたが、こんなに出来るわけねーだろ!』と思いつつも、しぶしぶ押し付けられた仕事をやっているようであれば、ぜひこの機会に押しつけ上司の対処法を知っておいてください。

✔本記事の内容

■上司が仕事を押し付ける心理

■押し付け上司から身を守る3つの対処法

この記事を読み終えれば、押し付け上司に悩まされない日々がすぐそこまで来ているも同然です!

▼ほかにも気になる上司の対処法はこちら▼

嫌いな上司の対処法まとめ【上司のタイプを9種類に分けて解説】 あいつが居るだけで腹が立つ あいつのせいで会社が楽しくない あいつがいるから仕事が嫌いになった こうい...

上司が仕事を押し付ける心理

対処法を考える前に、『なぜ上司が仕事を押し付けてくるのか』を知っておきましょう。

なぜなら、押し付け上司の心理を知っておくことで、これからやるべき対処法が具体的に見えてくるからなんです。

それでは「押しつけ上司の心理」を解説します。
次の3つです。

  • 人手が足りていないのを理由にしている
  • 人材育成を理由にしている
  • 自分がラクしたいから

人手が足りていないのを理由にしている

「人手が足りてないから」を理由にして、あなたに仕事を押し付けようとする上司がいます。つまり、

「俺は悪くない。職場のメンツが足りていないから仕方なくあなたに無理を言ってるんだよ」

といったスタンスで考えているのです。

ですがこれって僕らからすると、「そんなの知りませんよ…」って感じですよね。

職場の仕事量に対して働いている人数が少ないのは、あなたのせいではなく会社の責任です。

会社が必要な人数を確保していないから誰かにシワ寄せがくるんです。

おそらく人件費を削るために人を減らしているんでしょうが、これも僕らからすると

そんなの知りませんよ。必要な人数を雇ってくれよ。

って話ですよね。

とはいえ、人件費も抑えつつ成果を出さないといけない職場では、「人が足りてない」を理由に平気で残業を押し付けているのが現状なのです。

部下の育成を理由にしている

上司
上司
この仕事、本当は君の仕事じゃないけど、今後のために覚えておいたほうがメリットも大きいし、やっといて

このような会話で仕事を押し付ける上司もいます。

確かに、部下を育てるために「本来自分がやる仕事ではない仕事」をあえてやらすことは意味があるかもしれません。

しかし今ここで問題なのは、ただでさえ自分の業務であふれている社員に向かって、「担当以外の仕事をふっている」ということです。

ちょっと考えてみて下さい。

部下をしっかり育てたいと思っている上司が、今にも倒れそうなほど残業が続いている部下に向かって

上司
上司
これ、君の今後のキャリアにつながるから、やっといて

こんな感じで仕事ふりますかね?

あなたなら、そんなことしませんよね。

だって、ホントに部下に成長してほしいと思っているのなら、ちゃんと時間を作って指導して、やらせてみますよね?

つまりあくまでも「部下の育成のため」なんて言ってるのはウソで、本当は仕事を押し付けたいだけなのですよ。

自分がラクしたいから

これはすごく簡単な話です。

ラクしたい、メンドくさい仕事はしたくない

こういった感情から、他人に押し付けて帰ろうとする。ただこれだけのこと。

でもここで注目したいのは、上司は「断れない部下」にターゲットを絞って仕事を押し付けているという点です。

あなたが上司の押し付けを断れないタイプならば、残念ながら仕事を押し付けしやすい人のリストに入っているかも…

このままでは上司からの押し付けから逃げられません。

ここからは対処法を見ておきましょう。

押し付け上司の対処法3つ

押しつけ上司の心理をふまえて、対処法を考えていきましょう。

対処法は3つあります。

  • 業務所掌を確認する
  • 言い返したり、話をそらすテクニックをつける
  • さらに上の上司に相談してみる

業務所掌を確認する

業務所掌(ぎょうむしょしょう):各部門での業務の範囲を決めたもの。個人レベルまで業務の範囲が指示されている場合もある。

上司の押しつけから逃げるには、まずは業務所掌を確認しておきましょう。

上司に確認するのがイヤであれば、人事部や公務課といった、管理部門にきいてみればわかります。

働き始めて間もないころは、『業務所掌』なんて言葉を聞いたことないかもしれません
(僕も知りませんでした。)

とはいえ、上司はあなたの「知らない弱み」を狙ってきます。

つまり、どこからが自分の仕事で、他人の仕事なのかを理解していない人を上司は狙っているのです。

たける
たける

押し付けれたときに、「これは明確に自分の仕事じゃない!」って思えたら、「これは僕の仕事ではないですよ!」と言い切れますよね。

これがすごく大事。

「なぜ?」と上司に聞かれたら、「業務所掌を確認してみたら分かることですよ。」と言い返すことができます。

あなたが業務所掌を知っておくことで、勇気をもって関係のない仕事を断ることが出来るんです!

仕事を断る方法には他にもあります。こちらの記事↓もあわせてお読みください。

仕事を断れないのは人間関係を気にしているから!うまく断る方法3つ こんな疑問に答えます。 ✔本記事の内容 ■仕事を断れないのは人間関係を気にしているから ■引...

言い返したり、話をそらすテクニックをつける

上司に理不尽に仕事を押しつけられたら、何かしら反論するテクニックを覚えましょう。

反論するのが難しければ、話をそらすテクニックでもOKです。

とにかく、押しつけに負けないことが大事ですよ。

上司は仕事を押し付けても断らない人を狙って、押し付けてきます。

例えばちょっとイメージしてみてほしいのですが、、、

仕事を押し付けた時に言い返してくるような部下って、上司からすればメンドクサイですよね。

なので、そういった言い返す人は押しつけられる確率がグンと減ります。

逆に、「これ、やっといて」って頼んだだけで、「分かりました…」と簡単に受けてしまう部下には何回も押し付けてきます。

残念ながら、会社で素直でいい人でいることはハッキリ言って「損」しかありません。こちらの記事↓もあわせてお読みください。

「いい人」は損をする!?職場ではいい人をやめる”勇気”が必要だ!職場で損してばかりで悔しくないですか?この記事では、いい人をやめれば損する性格から抜け出せることを解説しています。いい人を辞める方法もあわせて紹介しています。これであなたにはもう損させませんよ。...

上司に向かっていきなり言い返したり、反論するのは勇気がいりますよね。

これはみんなが感じることです。

でもだからと言ってずっと受け身でいては現状は変わりません。

少しでも「反論する」「抵抗する」素振りを見せましょう。こちらの記事↓が参考になります。

【理不尽な上司に反論したい人へ】相手を黙らせる魔法の言葉とは!?どこにでもいる理不尽な上司・・・本当に嫌になりますよね。 「自分のミスじゃないのに、勝手に自分のミスだと決めつけて説教してくる。。...

さらに上の上司に相談してみる

上司が課長であれば、部長クラスの人間に相談してみましょう。

部下に残業ばかりさせておいて、上司はいつも定時で帰っている…なんて状況なら、すぐに報告してやりましょう。

直接言うのが怖ければ、メールで相談するのもアリです。

社風にもよるので一概には言えませんが、職場でどんな問題が起こっているのかを把握できている部長ってほぼいません。

たける
たける

課長で情報が止まっているケースがほとんどなんですよ。

課長は都合のいい情報しか部長には言いませんからね。

なので、平社員が部長に直接「課長の仕事の押しつけが多くて困っている」と言えばで、そんな問題があったのかと気づいてくれることがあります。

このあたりは、課長と部長の日ごろ関係性や性格にもよるところがあるので、あなたの職場に応じて使い分けてみると良いでしょう。

ひどい場合はパワハラを疑おう

  • 明らかに実行不可能な量の仕事を押しつけてくる
  • 出来ないので助けてほしいと言っても無視される
  • 仕事の出来ない奴だとバカにされる

もしもあなたがこんな状況なら、すぐにパワハラを疑ってください。

パワハラを受けるのは何も恥ずかしい事でありません。

たける
たける
僕も上司のパワハラで一年ほど苦労した時期がありました。

パワハラかどうかを判断する基準をこの記事に↓まとめているので、今すぐに確認して対処しましょう。

これってパワハラ?と思った時に判断する基準5つ【わかりやすく解説】これってパワハラなのかな?こんな疑問を抱えて困っていませんか?実はパワハラの白黒を判断するには5つのポイントがあるんです。国が公表しているパワハラの定義を基に、パワハラを経験した僕が分かりやすく解説しています。...

押し付け上司とオサラバできる道も作っておこう

念のため、押しつけ上司とオサラバできる道も作っておきましょう。

この記事でお伝えした3つの対処法で無事に押し付けから逃げられたとしても、効果がずっと続くのかは不明だからです。

押し付け上司がいる限りは、「またアイツ誰かに押し付けてるよ…」といったイラ立ちはなくなりません。

押し付け上司が突然『合理的にモノを考えられる賢い上司に生まれ変わる』なんてことはあり得ないのです。

あなたが押しつけ上司の悩みから完全に脱出するには、

  1. 上司が異動して、違う上司が来るのを待つ
  2. あなたが職場を出て行く

この2つしか方法はありません。

たける
たける
上司が異動してくれたら一番ラクですが、こればっかりは会社の都合なので、僕らの力でどうこうできる問題ではないですよね…。

となると、残りは一つ。

あなたが職場を出て行くしかないのです。

とはいえ、「いきなり転職しましょう」と僕は言ってるわけではありません。

転職サイトを「うまく利用」する

転職サイトは今すぐ転職する人だけが利用するものではないです。

例えば大手転職サイト『リクナビNEXT』は、サイト内のコラムが充実しており、転職するかどうか迷っている人に向けられた記事もあります。

こういった記事を読むだけでも、

「今はツラいけど、もうちょっと今の会社でがんばってみようかな」

「やっぱり今の会社って異常なんだ。早く次の仕事を探さなきゃ」

といった感じで、これから自分が進むべき方向が分かります。

一人で永遠と悩んでるだでは、こういった答えは思い浮かびませんよね。

自分が次に取るべき行動を後押ししてもらえる

これが転職サイトを利用することの最大のメリットです。

有益なコラムが読める転職サイトはこちら↓↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ

一度限りの人生、慎重に

ここまで、押し付け上司の対処法を解説しました。

対処法でとりあえず今を乗り越えていくのもアリですが、根本原因をつぶさないといずれはまた同じ悩みを抱えてしまうかもしれません。

そうならないためには、万が一のときに備えて職場から出て行くことも検討に入れておいたほうが良いでしょう。

荒っぽい言い方ですが、転職してしまえば人間関係がリセットされます。

若いうちであれば、まだまだ今から再スタートを切ることは可能ですよ。

リクナビNEXTは無料で利用できるので、こんな状況↓になったときのために今からでも登録しておきましょう。

上司の顔も見たくない!!

押し付けられると胸が苦しくなる!!

リクナビNEXTは初心者にもやさしく作られたサイトです。

そのため、「今すぐ転職する気はないけど、とりあえず登録している」といった方が多数おられます。

その証拠に会員数は国内最大級の約800万人を超えています。

そして転職決定数もNo.1を独占しているほど超優良なサービスです。

リクナビNEXTのさらに詳しい解説はこちらの記事からどうぞ↓

転職サイトで迷ったならリクナビNEXTを選ぶ3つの理由【決定版】 あなたはこんな疑問を持って、この記事にたどり着いたのだと思います。 結論から言うと、リクナビNEXTは数ある転職サイトの中...

一度限りの人生、仕事も楽しいほうがいいに決まってますよね。

顔が引きつった状態で電車に乗ってるような中堅サラリーマンにはなりたくないですよね。

であれば、今のうちに選択肢を広げておきましょう。

なにもしなければこれから1年先、2年先も今とまったく変わらない毎日が確定しています。

未来を少しでも変えようと思うのなら、今から準備しておくことで可能性が広がります。

こういった機会を活かすのもあなた次第です。

優良な求人情報が集まる転職サイトはこちら↓↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ
登録しても現職の会社にはバレませんのでご安心下さい

こんな仕事の悩みありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■この先ずっと今の仕事をするのは無理

■今すぐ会社をやめようとは思わないけど、いつか限界が来そう

こんな仕事の悩みを解消する方法を、ここからお伝えします↓