人間関係

「いい人」は損をする!?職場ではいい人をやめる”勇気”が必要だ!

あなたは小さい頃、人にやさしくすることや正直でいることを「良い」と教えられたことがありませんか?

周りに親切でいればみんなからも親切にしてもらえるとか、いつでも正直でいることは勇気のあるカッコいい事といった感じです。

つまり、「いい人」でいることを「良い」と教えらているのです。

とはいえ、毎日激しく時間が流れる社会に出たあなたは、この教訓がそのまま使えると思いますか?

ちょっと微妙だと思いませんか。

だってほとんどの人は「いい人」でいてもなんらかの損をすることを経験的に知ってますよね。

職場ではわがままな人やウソで固めたような人は必ずいます。
そんな相手には「正直」や「やさしさ」だけでは対応しきれないのです。

本来、ウソで固めたような人とは付き合わなければいいのですが、仕事となると必然的に避けられない状況もありますよね。

この記事では、職場で「いい人」だと損をしてしまう事例と、
なぜ「いい人」をやめれないのか、どうやって損をする人生から脱出するかを解説しています。

これでもうあなたに損はさせません!!

※損をするタイプの特徴についてはこの記事↓にまとめているので合わせてお読みください。

【必見】損する人にはある共通の特徴があった!抜け出す方法も解説損をしてしまう人にありがちな共通する特徴を知っていますか?この記事では特徴を分析しつつ、損する性格から抜け出す方法を分かりやすく解説しています。もう損をするなんてイヤだ!と思っているのなら必見です。...

職場で「いい人」だと損をする4つの例

case1 やさしさにつけ込まれる

自分を犠牲にしてまでやさしくしていると、損をします。

なぜならあなたのやさしさを利用しようとする人間が近寄ってくるからです。

あなたにはなんの落ち度のないミスなのに、責任をなすりつけようとしてきたり、
あなたにお願いすればいつもやってくれると思って、めんどくさい作業ばかり依頼してくるのです。

「やさしくていい人」は、やりたくない事でも断れずに受けてしまう傾向があるので、その部分につけ込まれてしまうのです。

case2 素直さにつけ込まれる

あなたがなんでも素直に呑みこむタイプなら、損をします。

なぜなら、素直で他人を疑わない性格をうまく利用しようとする人がいるからです。

「素直ないい人」は相手の裏を読もうとはしませんから、この人はなんでも信じるなぁと舐められてしまうのです。

実際あなたは、信じていたのに裏切られたことはありませんか?

裏切られた時って「損をした」どころではなく、「傷つく」レベルですよね。

職場で素直すぎることは自分を大事にできないのと同じなのです。

「素直ないい人」警戒心がなく、人を疑わないので、その部分につけ込まれてしまうんですね。

case3 自分で抱え込んでしまう

問題を自分だけで抱えてしまう人も損をしやすい人です。

本当に自分一人で抱えないと問題って、実はそんなにないんですよね。
仕事ってグループや組織でやってるんですから。

にもかかわらず一人で抱え込んでしまうのはやっぱり損をしていることになります。

例えば、仕事がうまくこなせてない時に「自分の努力が足りないからだ」とか「自分のスキルがまだ未熟だからだ」と決めつけていませんか?

「いい人」は自分より他人を優先します。

他人が苦労するぐらいなら自分が苦労した方がいいと思ってしまいます。

この仕事は自分じゃなくてあの人にお願いしたほうが効率がいいと頭の中で分かっている時でも、申し訳ないからと遠慮して、結局自分で抱えてやってしまうのです。

詳しくはこちらの記事↓でも解説しています。

仕事を抱え込むのはデメリットしかない!抱え込んでしまう原因と対策 仕事を断り切れずにたくさん抱えてしまう かといって、誰かに仕事をお願いするのも気が引ける おかげでいつも自分...

case4 自己主張を抑える

自己主張を抑えてしまう人も、損をしやすいです。

「いい人」は、自己主張しすぎることによって相手が傷つくんじゃないかと心配し過ぎるからです。

相手が傷つくくらいなら、自分の主張を抑えてしまおうと考えてしまいます。

例えば会議などで、自分と相手の意見ががぶつかりそうになると、自分の意見は心の中だけにとどめてしまうのです。

でも意見が言えなかったら、モヤモヤして自分の心の中で葛藤が続きませんか?

相手を優先して自分の主張を抑えていると、ストレスが溜まって損をしているのです。

なぜ「いい人」をやめられないのか

自分を認めてもらいたいから

人間と言う生き物は集団の中で、自分の居場所や、存在価値を生み出したいと本能的に考えます。

これって実は職場という集団の中でも同じなんですよね。

自分が働いている職場で居場所や価値を確保しようと本能的に考えるのです。

ところが自分に自信がなかったり、特別アピールできるようなスキルを持っているわけでもなかったら、どうやって自分の居場所や価値をみつけますか?

そこで一番手っ取り早い方法が、職場で「いい人」になることなのです。

実際僕も同じことを新人の時にやってまして、この「いい人になる」方法で自分の居場所を見つけ出そうとしました。

自分に自信がなかったし、みんなにやさしくしてみんなの役に立てれば、それだけで自分の居場所が見つかって、存在価値が生まれると思っていたのです。

自分という存在を認めてもらえる手段として「いい人」になるのは効率が良かったのです。

でも今思い返すと、自分に自信がない人ほど本能的に「いい人」というマスクをかぶろうとしてしまう典型的なパターンだったなと思います。

結果として、僕は「都合のいい人」という居場所を確保出来ましたが、価値という面では失敗に終わりました。

本当に僕がやるべきだったことは、仕事のスキルをみるみる向上させ「こいつは一人前だ」と周りの人間に認めてもらうことだったと後で気が付いたんです。

結局、いい人でいても確保できるのは「都合のいい人」というポジションだけなのです。

都合のいい人にならない方法についてはこの記事↓で解説しています。

職場で都合のいい人にならない方法【ポジションを確保するだけです】言われたらなんでも引き受けてしまう都合のいい人になっていませんか?この記事では職場で「都合のいい人」にならない方法を解説しています。こんな毎日はもう嫌だと思うのならぜひ参考にしてください。...

他人に嫌われるのを恐れているから

他人にから嫌われるのを恐れ過ぎて、自己主張は一切せず、周りに迷惑かけることもしないように気を配っているパターンです。

誰だって嫌われるのはイヤですよね。

だから我慢する事を正義と考えて、人から嫌われないように努力しているんですよね。

なので、相手の意見に反抗することもしませんし、自分の意見なんてものはあったとしても言いません。
会議などでも、相づちや、愛想笑いばかり。

嫌われるのを恐れるあまり、周りに合わせて、トゲがたたないように気をつかいながら生きているのです。

ちょっと話変わりますが、あなたはおじいちゃんやおばあちゃんがなぜ孫を甘やかすのか分かりますか?

それには、次のような心理が働いているんです。

孫が可愛い

孫にまた会いたい

孫に嫌われたくない

孫に気に入られたい

そのためには孫にとって優しい存在でいよう

甘やかす(=孫にとって都合のいい人)

これと似たような状況があなたの職場で起こっていませんか?

嫌われたくないという気持ちが先走って、相手を甘やかす為にいい人になっていませんか。

甘やかせてしまうと調子に乗っておねだりする孫と同じように、大人であっても甘やかすと調子に乗ってあなたを利用してきます。
結果、あなたが損をしてしまいます。

他人に嫌われるのを恐れているうちは、いい人をやめることができないのです。

「いい人」をやめる方法とは

ちょっと長くなったので、いったんここまでを整理しましょう。

「いい人とは」

・自分を犠牲にしている
・相手を優先している

そして、いい人をやめられない理由は次の二点です。

「やめられない理由」

・自分を認めてもらいたい
・相手に嫌われたくない

ではこれらを踏まえて、職場で「いい人」をやめる方法を見ていきましょう。

くれぐれも悪い人になれと言っているのではありませんよ!(^_^;)

自分を好きになる

まずは自分で自分を好きになりましょう。

相手からの評価ではなく、自分で自分の評価をあげていくのです。

そうすれば相手から気に入られたいという願いはおのずとへっていきます。

相手から気に入られたい願望が少なくなれば、「いい人」である必要はなくなります

自分のことが嫌いでたまらないと言う人は、この記事↓を読んで、考え方をポジティブに持って行く方法をしりましょう。

ネガティブをポジティブへ変える方法7つ|楽しい毎日がすぐそこに!ポジティブになれずに困っていませんか?実はネガティブなことばかり考えてしまうのは、単なるあなたの習慣にすぎないです。ここでは「誰でも」できるポジティブに生まれ変われる方法を紹介しています。...

気に入られることに注力しない

それでも相手からの評価は気になると思います。

ですが、相手に気に入られる必要って特にないと思いませんか?

確かに嫌われるのは辛いですが、だからといって気に入られる必要性もありません。
そのちょうど間ぐらい良いのです。

無理して気に入られようと「いい人」になっているなら、きっぱりやめましょう。

やさしさは他人の成長を妨げていることを自覚する

よかれと思って差し伸べているやさしさは、他人の成長を妨げるきっかけになることだってあります。

自分で考え、自分でやってみる能力は大切です。
なので、他人が行き詰まっているところへあなたが首を突っ込むのはやめたほうがいい事だってあるのです。

ちょっと大げさな言い方ですが、自分が今までやってたことは「ありがた迷惑」だったんだなぐらいに思って、放っておくぐらいがちょうど良いでしょう。

自分を大事にする

くれぐれも自分のことを大事にしてください。

繰り返しになりますが、自分を認めて自分を好きになるのです。

相手に気を使うあまり、自分がボロボロになっていては、損をするどころの話じゃありません。自分を見失っていることになります。

「いい人」という言葉の裏返しは、「都合のいい人」です。

都合のいい人が、自分を大事にしているとは絶対に言えません。

もしあなたが、他人のご機嫌取りになってしまっているのなら…

この本↓を読めば、他人のご機嫌取りで損をしない方法が分かります。
ついつい周りに気を使いすぎて損をしてしまう(+_+)って人は、ぜひどうぞ。

まとめ

ではポイントをまとめます。

  • いい人になってしまう理由は二つあって、「自分を認めてもらいたい」「人に嫌われたくない」という欲求が強いから。
  • いい人をやめるには、「自己肯定感を高める」「気に入られることに注力しない」「都合にいい人にならない」ことが大事。

「いい人」はいい人としての振る舞いが習慣になっていて、体に染み付いています。

習慣はなかなか変えられないものですが、治せるのも事実です。

まずは「いい人」をやめる勇気を持つことからやってみてください。

P.S.

この本↓では、「いい人」をやめることが人間関係だけではなくお金や恋愛においても重要だと書いています。amazonなら無料で目次が見れるので、目次だけでもご覧になってください。

関連記事

【必見】損する人にはある共通の特徴があった!抜け出す方法も解説損をしてしまう人にありがちな共通する特徴を知っていますか?この記事では特徴を分析しつつ、損する性格から抜け出す方法を分かりやすく解説しています。もう損をするなんてイヤだ!と思っているのなら必見です。...
職場で都合のいい人にならない方法【ポジションを確保するだけです】言われたらなんでも引き受けてしまう都合のいい人になっていませんか?この記事では職場で「都合のいい人」にならない方法を解説しています。こんな毎日はもう嫌だと思うのならぜひ参考にしてください。...

こんな経験ありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■でも何もせずにずるずる時間が過ぎてしまっている

■早くなんとかしないと…と思いつつも、具体的に何をしたらいいのかわからない

そんなあなたのために、『誰でもできる具体的な一歩』をお伝えします。