人間関係

仕事を断れないのは人間関係を気にしているから!うまく断る方法3つ

仕事を断れない人
仕事を断れない人
仕事を頼まれると断れない
ただでさえ忙しいのに…と思いつつも、いつのまにか仕事を受けてしまっている
気が付けば自分の仕事はそっちのけで、違う仕事ばかりしている
うまく角を立てずに仕事を断る方法はないのかなぁ

こんな疑問に答えます。

✔本記事の内容

■仕事を断れないのは人間関係を気にしているから

■引き受けるのも仕事、断るのも仕事です

■うまく角を立てずに断る方法3つ

この記事を書いている僕は、職場で頼まれたことを引き受けすぎてしまう人間でした。

頼まれたときは「え・・・!?イヤだなぁ」って思うんですが、次の瞬間には作り笑顔で、「分かりました」と反射的に答えてしまっていたんです。

ですが、断るコツさえ分かればこんな状態からは抜け出せます。

この記事を読み終えれば、あなたも断り上手な人間になれますよ。

仕事が断れない理由は人間関係を気にしているから

突然仕事を振られたときに断りきれない最大の理由は、頼んできた上司や先輩との人間関係が崩れるのを恐れてしまうからです。

断ったことで、急に冷たくされたり、不機嫌な態度をとられると怖いですよね。

上司や先輩の機嫌を悪くしたくないと思って、出来ない仕事を引き受けてしまうことは誰だってあると思います。

ですが本来、しっかりとした理由を相手に伝えて仕事を断ることができれば、誰もあなたを理不尽に怒ったりすることはできないんです。

もしあなたが、正当な理由で仕事を受けられないと主張しているにもかかわらず、

  • できない仕事を無理やり押し付けられる、
  • 押し付けるだけで何もフォローしてもらえない
  • 出来ないことを理不尽に怒られる

こんな状況なら、今すぐパワハラを疑ってください!

この記事↓が参考になります。

これってパワハラ?と思った時に判断する基準5つ【わかりやすく解説】これってパワハラなのかな?こんな疑問を抱えて困っていませんか?実はパワハラの白黒を判断するには5つのポイントがあるんです。国が公表しているパワハラの定義を基に、パワハラを経験した僕が分かりやすく解説しています。...

引き受けるのも仕事、断るのも仕事です

あなたは引き受けることだけが仕事だと思っていませんか?

実は断ることも大切な仕事なんです。

なぜそんなことか言えるのかをここでは解説したいと思います。

理由①:あなたの体はひとつしかない

当たり前ですがあなたの体は一つしかありません。これは変えようがない事実です。

なので、もともとの仕事に加えて新たな仕事を積まれた場合、同時に二つのことをやるなんて物理的に出来ません。

仮にやろうとしても、一つひとつの仕事の質が低下したり、ミスをする可能性が高まります。

なので、こういった場合は仕事の優先順位を考えましょう。

自分で考えても分からない場合は、上司に優先順位を確認すればOKです。

優先順位に沿って一つひとつこなしていくのが、実は遠回りのようで一番近道なのです。

もし両方とも最優先にやるべき仕事なら、一つはあなたが受けて、もう1つは違う人にやってもらうしか方法はありません。

理由②:アレもコレもやろうすると、仕事の質とあなたの評価が落ちる

色んな人から仕事を受けて、キャパオーバーしてしまうと質の高い仕事ができなくなります。

一つ一つに掛けられる時間が短くなるので、当然のことですよね。

そうなると、せっかくがんばってもあなたの評価が落ちてしまいます。

上司はあなたの抱えている仕事量を常に見ているわけではありません。

とはいえ評価というものは、あなたの仕事の出来栄えや、仕事の成果を見て判断されています。

会社では頑張った過程よりも、結果を優先的に評価の対象とされるんです。

なので、あなたがたくさんの仕事をこなしていても、質の低い仕事ばかりしているのなら、あなたの評価が下がってしまうんです。

これは何としてでも避けたいと思いませんか?

そうならないためにも、あなたはときに仕事を断ることも大切なのです。

うまく仕事を断る方法3つ

ではここからどうやって仕事を断ればいいのかを解説します。

この方法を知っておけば、仕事が断れずにキャパオーバーするなんてコトないですよね。

うまく断るポイントは、とにかく角が立たないように断ることです。

具体的には次の三つの手法があります。

  1. 他の策を提案しつつ断る
  2. 一部なら協力できることを伝える
  3. できない理由を分かりやすく言う

他の策を提案しつつ断る

今は協力できないことを謝りつつ、ほかに方法がないか考えて提案してみましょう。

単に「できません。」だけじゃなく、「こうやってみるのはどうですか」と案を出すだけでも、相手に与える印象は180度違ってきます。

”一緒に考えてくれた“という印象を相手に持ってもらえることで、仕事を断りつつも、角が立たなくて済むのです。

一部なら協力できることを伝える

全部は受けられなくても、「一部なら協力できる」と相手に伝えることも有効です。

あなたの得意とする部分だけ手伝うなど、やり方はいろいろありますよね。

ここのポイントは、「今はできない」とぶっきらぼうに断るんじゃなく、なにか少しでも協力しようという気持ちが相手に伝わるかどうかです。

この気持ちが伝われば角は立ちません。

できない理由を分かりやすく言う

どうしても仕事がいっぱいで協力もできないときは、理由をしっかり説明して、勇気を出して断りましょう。

ところが以下のような断り方はNGです。

「今は忙しいです」
「ちょっと今日は厳しいっすね。」

いくら申し訳なさそうな顔をしても、この言い方では納得してもらません。

相手に納得してもらうには、少々言うのが面倒でも、

  • 今自分はどんな仕事を抱えていて、その期限はいつなのか?
  • その期限を守るためにはあとどれくらい時間が必要なのか?

最低でもこの二つは明確にして相手に伝える必要があります。

ここでのポイントは数字を含めて説明することです。

数字を使えば、抽象的な表現から具体的な表現に変わります。

例えばこんな感じです。

例①「申し訳ありません。今日の15時までにA社に見積書を送らないといけないので、今はその仕事に手をかけられそうにないです。」

例②「18時までにこれと同じモノをあと3個作らないといけなんです。1個作るのに2時間かかるのであと6時間はかかりそうです。なので申し訳ないですが、その作業は手伝えません。」

このように具体的な数字を含めて、仕事を受けられない理由を伝えれば、相手も納得してあきらめてくれる可能性が高まります。

さいごに

仕事を任せてもらえる、頼ってもらえるのは何も悪いことではありません。

なので大前提として、仕事をお願いされて断るときは、対応できないことについてまずは謝りましょう。

そしてその次に、

  • 他の策を提案しつつ断る
  • 一部なら協力できることを伝える
  • できない理由を分かりやすく言う

この三つの方法で、角がたたないように断わってみましょう。

はじめは勇気がいるかもしれませんが、断ることも仕事のうちです。

あなたが質の高い仕事をするには大事な選択なのです。

とはいえこんな場合は注意が必要です

  • 理不尽に仕事を丸投げされる
  • 上司があなたの意見を一切聞かない
  • 人が少なすぎて仕事が終わらない

職場は組織で動いています。
お互いに協力しあって物事に取り組むのが基本です。

ところが、あなたの職場が非協力的な雰囲気でしかも自己中心的な風土ならば、それは組織として破綻しています。

あなたは数年後もその職場で働きたいと思いますか?

決してそんな風には思わないはずです。

職場の風土を変えることは一人でできませんから、あなたが逃げるのも一つの手として考えておきましょう。

自分の仕事を納得がいくまでやりこんで、達成した成果を正しく評価してもらえる職場で働きたいと思いませんか?

理想を叶えるにはほんの少し行動してみよう

  • 今の状態をなんとかしたい!
  • こんな毎日をあと何年も続けるのはつらい!

と思っているのなら、転職サイトを利用して新しい仕事を探しましょう。

今は求人が多い時代です。とくに20代向け、第二新卒向けの求人が増えています。

少なくとも、ブラック企業より快適な会社は余裕でたくさんありますよ。笑

引きつった笑顔で先輩や上司の機嫌を取りながら、やりきれない量の仕事を受ける必要はなくなります。

あなたに任された仕事を、しっかり時間をかけて質の高い成果を出すことができれば、評価もされ、仕事のやりがいを感じることが出来ます。

こんな職場で働きたいと思いませんか?

まずは行動を起こしてみましょう。
動いてみないことには、現状は変わりませんので。

こういった機会を生かすも殺すもあなた次第です!

優良な求人情報が集まる転職サイトはこちらです↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ
毎週2万6000人以上が新規登録しているという超大手の転職サイトです

こんな仕事の悩みありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■この先ずっと今の仕事をするのは無理

■今すぐ会社をやめようとは思わないけど、いつか限界が来そう

こんな仕事の悩みを解消する方法を、ここからお伝えします↓