上司

仕事ができないダメ上司との付き合い方【弱点をうまく利用しよう】

あなたの職場にもこんなダメ上司↓いませんか?

  • 大事な場面でいつも中途半端な指示
  • 責任逃れだけは超一流
  • つまらない昔の武勇伝を語りたがる

残念ながら上司は選べませんので、運悪くダメな上司無能な上司の部下になってしまうことってありますよね。

「もっと良い上司に恵まれていたらなぁ・・・」なんて思いながら毎日を過ごしていませんか?

ダメ上司とうまく付き合おうと試行錯誤して、毎日奮闘している人もいるでしょう。

でもまったく歯車がかみ合わなければ、どんどん悩みは深まるばかりですよね。

  • 「どうやったらうまく付き合えるのだろう?」
  • 「どうすればこの悩みから脱出できるのだろう?」

この記事ではこんな疑問に答えます。

✔本記事の内容

■仕事が出来ないダメ上司との付き合い方

■一歩踏み込んだ考え方で「悩み」から脱出しよう【ダメ上司を利用して自分にメリットを引き込む方法】

この記事を書いている僕は、ダメ上司の部下になってしまった過去があります。

その上司は曖昧(あいまい)な答えばかりで、なにもかもがテキトーで職場が正しく運営されていませんでした。

チョコ
チョコ
悪い人ではなかったんですが、マネジメントにはまったく興味がなく、やろうともしない上司でしたね(^_^;)

その時の経験をもとにこの記事を書いています。

この記事を読み終えれば、ダメ上司の扱い方が分かり、さらにダメ上司を利用することで仕事をスムーズに進める方法が分かりますよ。

ダメ上司との付き合い方

次の3つです。

  • ダメ上司が判断しやすい提案をする
  • 意識してコミュニケーションを取る
  • 可能な範囲で上司の言葉に同調する

では解説していきます。

ダメ上司が安心して判断できる提案をする

ダメ上司が安心して判断できる状況を仕込んであげましょう。

そうすることで、上司が判断しやすい状況へと引っ張ってあげることができるからです。

ダメ上司の特徴として、「自分に自信がなく失敗を恐れて決断ができない」ということがあるんです。

なので、上司だからと信頼しすぎて頼ると、わけが分からない回答が返ってきてゲンナリ…といったことが起こるんですよね。

良い例としては、相談する時は判断を丸投げするんじゃなくて、

  • 「僕はこう思うんですがどうでしょうか?」
  • 「あるいはこんな方法も考えてるんです」

といった感じで相談してみることです。

そして、仮に結果がダメだったことも想定して、
「ダメだったときは次こうしてみましょう」といった具合で、逃げ道も軽く用意しておくことで、ダメ上司を安心させる感じが良いでしょう。

チョコ
チョコ
上司が判断しやすいように誘導してあげることがコツですよ!

意識してコミュニケーションを取る

ダメ上司だからという理由で、会話を最小限にしたいところですが、意識的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

ダメ上司とはいえども、“上司”という立場に登りつめているのだから、周りに人から認められているところもあるはず。(ですよね?)

コミュニケーションをとりつつ上司の良い点を盗んで自分のものにしてください。

とはいえ、ダメ上司ほど過去の栄光に浸りながら、聞いてくれそうな人を捕まえては昔話を永遠と話したがるので、ほどほどにしておいてくださいね。

あなたの仕事の時間が無くなってしまっては本末転倒ですので。

チョコ
チョコ
話を聞いてほしいだけの寂しがり屋なダメ上司もいるので、ちょっと我慢して少し話を聞いてあげましょう。笑

可能な範囲で上司の言葉に同調する

あなたの良心の許す範囲で、上司の言葉に同調してあげて下さい。

繰り返しますが、ダメ上司はもともと自分に自信がない人間です。

なので、自分の発言に同調してくるだけで安心して「こいつは見方だ」と思ってくれる可能性は高いです。

でもこんなことを言うとあなたは、「思ってもないのに、同調するなんでできないよ」って思うかもしれません。

そんな場合は、上司の話をきっちり聞いて理解するところまででOKです。

「なるほど、そう考えておられるんですね!」と言った感じでどうでしょうか。

“理解=同意”ではないので、そこの線引きをきっちり意識しておきましょう。

チョコ
チョコ
上司の自信がない部分をうまく逆手にとって、上司のふところに飛び込んでやりましょう!

一歩踏み込んだ考え方で「悩み」から脱出しよう

うまく付き合う方法が分かっても、自分ばっかりが気を遣っているとなんだか損してるような気分になる人もいると思います。

チョコ
チョコ
相手は上司、あなたは部下なので、ある程度仕方がないとは思いますが、気を遣ってばかりだと腑に落ちない感じも理解できます。
僕が実際そうでしたからね。笑

なのでここからはうまく付き合うだけでなく、さらに一歩踏み込んで、自分にメリットを呼び込む方法を解説します。

ダメ上司を味方にしてうまく利用する

ダメ上司とうまく付き合えるようになれば、上司はあなたを次第に信用するようにもなり、あなたを頼るようにもなるでしょう。

上司の期待にあなたが答え続ければ、次第に上司を味方に付けることができます。

上司が味方になってくれれば、あなたのやりたいことが出来るようになります。

例えば、上司にしか決定権のない案件などに、あなたの意見を参考に聞いて、採用してくれるかもしれません。

いずれにせよ、上司からあなたに対しての信頼関係が太くなると、あなたは動きやすさが急激に向上します。

チョコ
チョコ
上司が判断に悩んだときに、あなたに相談するようになったら占めたものです!

ダメ上司をうまく利用する方法

じゃあどうやってうまくダメ上司を利用するか?

その答えは、付き合い方の3つ目で説明した、「自分の許せる範囲で上司の言葉に同調する」を積み重ねていけば簡単です。

うまく上司に同調して(同調できない時は理解するだけにして)、上司をうまくおだてて下さい。

ダメ上司は基本的に自分に自信がないのですから、そこを逆手に取ってやるイメージです。

上司があなたを信じて、「こいつは俺のことをよく分かってくれている」となれば、もう占めたものです。

信頼しているあなたのいう事であれば、次第に自信のないダメ上司はあなたの言った通りに動くようになるからです。

上司の自信がないところを突いて、「僕が変わりにやってあげますよ」と言わんばかりに行動すれば、上司は安心してあなたを支援をしてくれるでしょう。

すでにうまく利用している人の真似をするのもアリ

少しだけ僕の話をさせて下さい。

最初に触れましたが、僕のダメ上司は都合の悪い時には曖昧(あいまい)なことを言って逃げるタイプでした。
責任を取りたくない雰囲気がプンプン出ていました。笑

チョコ
チョコ
「上司なんてそんなものか」と若いなりに思っていましたが、でもこれでは仕事にならないなと途中から気が付きました。笑

そこで一つ上の先輩に相談すると、その先輩はなんと「あんな上司、利用したらいいよ」と言いました。

初めは意味不明でしたが、その先輩の行動を真似しつつやってみたことが、この記事の内容なんです。

僕の思考が変わったのは、この瞬間でしたね。

つまり、「こんなダメ上司の下で働くのはイヤだ」と文句を言うんじゃなくて、うすればこのダメ上司をうまく利用できるかいう考え方に変わったんです。

チョコ
チョコ
気が付いたころには、ダメ上司のことで悩むことはすっかり減りましたね。

まとめ:ダメ上司を踏み台にしてステップアップしよう

記事のポイントをまとめます。

  • 仕事が出来ないダメ上司との付き合い方には3つの方法があります
    ①上司が判断しやすい提案をしてあげる、②意識してコミュニケーションを取る、③可能な範囲で上司の言葉に同調する
  • さらにレベルアップを狙うなら、どうすればダメ上司をうまく利用できるか考える
  • すでにうまく立ち振る舞っている人がいるなら、その人のまねをするのもアリ

こんな感じですね。

ちょっと余談ですが、あなたはこの言葉を知っていますか?

仕事ができない上司の部下はよく育つ
逆に、上司が全部やりすぎるタイプだと部下は育たない

あなたはダメ上司の部下になってしまったかもしません。

でもここはプラスに考えて、自分が成長するチャンスだと考えてみてはいかかでしょうか。

付き合い方の視点や思考を変えることで、ダメ上司を自分がステップアップしていくための踏み台として使ってやりましょう!

関連記事

【理不尽な上司に反論したい人へ】相手を黙らせる魔法の言葉とは!?どこにでもいる理不尽な上司・・・本当に嫌になりますよね。 「自分のミスじゃないのに、勝手に自分のミスだと決めつけて説教してくる。。...
【ムカつく上司との戦い方!】誰でも出来る対処法を実体験で解説上司がとにかくムカつく。かといって上司だし反抗できないしどうしよう…←こんな疑問に答えます。ムカつく上司を体験した僕が、対処法を実体験ベースに紹介しています。上司の顔も見たくないほどストレスが溜まっているなら必見です。...

こんな経験ありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■でも何もせずにずるずる時間が過ぎてしまっている

■早くなんとかしないと…と思いつつも、具体的に何をしたらいいのかわからない

そんなあなたのために、『誰でもできる具体的な一歩』をお伝えします。