仕事の悩み

嫌な仕事をとりあえず3年続ける意味がない理由|もう古い言葉ですよ

仕事に悩んでいる人
仕事に悩んでいる人
今の仕事が辛い…それなのに周りの人から「とりあえず3年」は頑張れって言われる。
なんで3年も頑張らないといけないの?
そもそも「3年」にどんな意味があるのだろう?

こんな疑問に答えます。

✔本記事の内容

■嫌な仕事をとりあえず3年続けることに意味はない(理由も解説します)

■仕事が嫌ならやっておくべきたった一つの事

この記事を書いている僕は、初めて配属した職場を1年ほどで辞めています
その時に行動して感じたことをもとにこの記事を書いています。

チョコ
チョコ
周りの人からは「まだ学生気分が抜けてないんでしょ」とか、「3年続かないなんて根性ないんじゃない?」なんて言われましたけどね…(^_^;)

この記事を読み終えると、「とりあえず3年」仕事を続ける必要がない事に気付くだけでなく、「むしろ3年我慢して仕事を続けるのって、すごく損してるんだ」ってあなたは感じることでしょう。

この記事は20代向けです。

今すぐ転職を考えている人はこちら↓
優良な求人情報が集まる転職サイト
【無料】リクナビNEXT公式ページ
毎週2万6000人以上が新規登録している超大手の転職サイト

嫌な仕事をとりあえず3年続ける意味がない理由

理由は以下の4つです。

  • 「石の上にも3年」の意味を勘違いしている
  • 仕事なんてものは3年やらなくても白黒が分かる
  • 今はすぐに情報を入手できるネットがある
  • 他人の常識にあなたが惑わされることはない

では具体的に見ていきましょう。

「石の上にも3年」の意味を勘違いしている

この有名なことわざは、「忍耐強く頑張っていればいつかは報われる」といった意味があります。

しかし、今のあなたがこの言葉をそのまま飲み込んでしまうのは危険です。

もともと「3年」という表現は、「長い間」を意味する表現であって、本当に「3年」を意味しているわけではなんです。

なので、仕事が辛くてもやめたくても、とりあえず3年間は頑張ろう!という考え方はやめておくべきなんです。

3年という年月はとっても長いです。
ましてや辛く苦しい期間を3年間も過ごすとなると、まるで修行の世界ですよね(+_+)

「忍耐強く頑張っていればいつか報われる」のは事実かもしれませんが、どれくらいの期間忍耐しないといけないのかは”未知数”です。

あなたにとって我慢する期間が1年なのか、3年なのか、それとも10年なのか、誰も分かりません。

なのでほとんどの人が、「いつまでこんな状況が続くんだろうか・・・」と思い悩みながら仕事を続けることになるのです。

はっきり言って、こんな状況って精神衛生上よくありませんよね(^-^;

基準なんてないのですから、”3年”というキーワードに惑わされてはいけません。

仕事なんてものは3年やらなくても白黒が分かる

そもそもなんですが、今の仕事があなたに合ってるかどうかなんて、3年も必要ないですよね。

仕事が辛い。。。と嘆きつつも、「とりあえず3年続けたら良い事あるかも」なんて希望を持ちながら過ごしている時間はありません。

なぜならあなたの貴重な若い20代を、無駄なこと3年間も棒に振ってはモッタイナイんです(>_<)

あなたにとって今の職場が合っているのか、合っていないのかは、せいぜい半年もあればわかると思いませんか?

早いうちからこの仕事は自分に合っていないと分かったのなら、それはむしろラッキーなんですよ。

次のグラフを見てください。

会社を辞めた人に、「入社何年目に会社を辞めたのか」というアンケートを行った結果です。

1年目は17.7%、2年目は23.0%、3年目は25.7%

つまり3年以内に辞めた人の合計は66.4%だと分かります。

この結果から、3年以内に自分の仕事に見切りをつけて、転職を選ぶ人が増えてきていることが分かりますよね?

3年もやらなくても白黒がはっきりすることに気づいている人はすぐに行動してるんですね。

今はすぐに情報を入手できるネットがある

さっきも出てきましたが、そもそも「とりあえず3年」という言葉は、石の上にも三年からきた言葉です。

でもこの言葉が作られた時代を考えてみてください。

おそらくネットなんてなかった時代ですよね?
今のようにスマホが無かった時代です。

昔の人たちは仕事が嫌だとしても、「とりあえず3年ほど仕事を頑張りつつ、少しづつ転職の情報をアナログな方法で集める」しかなかったのです。

つまり今すぐ転職したいなんて思っても、すぐに新しい求人情報を手に入れることができないので、動きようがなかった時代だったんですね。

それに比べて、今の時代はどうでしょうか?

今ならスマホですぐに求人も見られるし、応募もできますよね(^-^;

こう考えると、情報社会に生きる僕たちが、昔の「とりあえず3年」にこだわる必要はまったくないことが分かります。

他人の常識にあなたが惑わされることはない

親に言われたから・・・、先輩に言われたから・・・といった理由で、とりあえず3年という言葉を信じている人もいるでしょう。

身近な存在の人間に言われると、確かにそうなのかもしれないと思ってしまいますよね。

しかし、職場が辛いと感じている問題はあなた自身の問題です。
なので、他人にどうこう言われる筋合いはないんですよ。

ちょっと冷たい言い方ですが、今の仕事を無理して頑張ったとして…もしあなたが体を壊したら、あなたにアドバイスした人って助けてくれますかね?

助けてくれる保障ってないですよね(>_<)

であれば、あなたの生きる人生なのだから、あなたが自由に決めたほうが良いと思いませんか?

3年というキーワードはもう古いのですから、惑わされてはいけませんよ。

さっきのグラフをもう一度見てみましょう。

青い棒グラフに注目してみてください。

4年目以降からは、仕事を辞める人がガクッと減っています。

これは、今の環境に長くいればいるほど、転職できるタイミングを逃していることを意味しています。

実際問題、4年目以降になるとポテンシャル転職や、第二新卒といった最強の武器も使いにくくなるんです。

第二新卒のポテンシャル採用についてはこちらの記事に詳しくまとめています。知らない人は合わせてお読みください。

第二新卒の転職はポテンシャル採用を狙おう!絶対に失敗しない3原則第二新卒の転職に不安がありますか?第二新卒ならばポテンシャル採用を狙いましょう。今では大手から中小企業まで積極的に第二新卒を採用するケースが増えています。この記事ではうまくポテンシャル採用を狙う方法をお伝えします。...

とりあえず3年の本当の意味

「とりあえず3年」は「石の上にも三年」から来ていると言いましたが、企業側がうまくこの言葉を利用している可能性が高いです。

どういうことかというと、企業からすれば「離職率の高い会社」と思われるのは当然イヤですよね?

新卒の若い社員がどんどん辞めていくと会社の評判が落ちるのは目に見えています。

なので、企業側が会社にとって都合が良いようにこの言葉を使ってるだけなんです。

とくにブラック企業はこういった様子がうかがえます。

例えば3年も同じ会社にいれば、当初は異常だと気付いていたことも、少しずつ当たり前に感じるようになって、最終的には自分もブラック企業の一部となってしまうんです。

怖いですよね…。

ムリをした僕だから分かる、とりあえず3年の怖さ

実は僕も3年間我慢しようとした人間の一人なんです。

ですが、実際は入社二年目の5月で耐えられずに職場を出ていきました(^_^;)

とはいえ、出て行ってマジで正解でした。
出て行ったからこそ、今の元気な僕があると本気で思っています。

あの時、あともう少し頑張ろう、無茶しようなんて思っていたら、精神的におかしくなって立ち直れなくなっていたに違いないです。

あの時にはマジで戻りたくないです。
本当に地獄だったんです。

僕がどうやって地獄から抜け出したかについてはこの記事↓にまとめています。合わせてお読みください。

仕事の憂鬱から逃げる方法【行動しつつ考えるのが理想的です】せっかくの休みなのに明日から仕事だと思うと一気に気分が沈んでしまう。こんな憂鬱から脱出する方法はないかなぁ←こんな疑問に答えます。実際に憂鬱から脱出した僕が経験から分かった脱出する方法を解説します。じっとしていてはいつまでも今のままなので、まずは行動しませんか?...

仕事が嫌ならやっておくべきたった一つのこと

今の仕事が嫌ならば、一つだけ行動しておきましょう。

それは仕事の選択肢を広げておくことです。

仕事の選択肢を広げておけば、今の職場に支配されることはありません。

求人サイトで他の仕事を見ているだけでも、視界が広がって自分に自信が持つことが出来きますよ。

なぜなら、今の時代は「第二新卒」なんて言葉がありますし、それほど20代が転職するのに有利な環境が整っているからなんです。

この記事↓にも書いてるんですが、転職は若ければ若いほど有利ですよ。合わせてお読みください。

20代転職は不安でも悩む必要がない理由【チャンスを逃してます】 20代で転職しようと思う人はこういった悩みや不安をみんな持っています。 なので、いざ「転職したいな」と思っても、失敗するの...

今すぐ仕事を辞める可能性がなくても準備はしておこう

あなたが今すぐ転職を考えていなくても、転職サイトには登録しておいた方がいいです。

「もう無理!今の仕事を3年も我慢できない!」って思ってから動き出していては、出遅れてしまうんです。

大切なのは、今どんな求人があるのかをストックしておくことです。

なぜなら、あらかじめストックしておくことで、本当に自分が転職を考えたときに一から求人を探す必要がなくなり、焦ることなくすぐにエントリーできるからなんです。

普段から気になる求人情報をあらかじめストックしておくことは、言い換えればあなたの資産となるのです。

転職サイトは完全無料です。

あなたの希望を登録するだけで、あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおススメ求人がメールで届くので、とても便利ですよね。

どんどんストックしておいて、選択肢を広げておけば、今の仕事に縛られる必要がないんだと思えるようになってきますよ。

求人情報をストックおくのにピッタリの求人サイトはこちらです↓↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ
毎週2万6000人以上が新規登録しているという超大手の転職サイトです

リクナビNEXTは、とりあえず登録して求人だけ見ておこうといった人を歓迎しているので、ストックを作っておきたい人にはぴったりなんです。

ストックだけしておいて、もし良さそうな求人があればそっちに乗り換えればいいです。

逆に求人情報さえ知らなかったら、乗り換えるチャンスさえも逃してしまうので、ストックしておくのは大切ですよね(^-^;

さらにリクナビNEXTでは”グッドポイント診断”という診断ツールが無料で使えます。

実はこのツールが結構すごくて、簡単な質問にどんどん答えるだけで、あなたの強みを診断してくれます。

リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービスなので、信ぴょう性もバッチリです!

あなたの隠れた強みを発見して、新たな道を切り開けるチャンスがあるなら、試してみたいと思いませんか?

新たな得意分野が見つかれば、年収アップも夢ではありませんよ。

こういったチャンスを活かすも殺すもアナタ次第です。
リクナビNEXTのグッドポイント診断をやってみる
これももちろん無料です。ちょっとしたゲーム感覚でやってみましょう!

まとめ:今を大切にしましょう

ここまで読んで下さったあなたにはわかって頂いたと思いますが、「とりあえず3年」はもう古い考え方です。

この考えに縛られて、あなたの貴重な20代が奪われることはとっても損です。

嫌な仕事を続けて、体を壊してしまっては大変ですからね。

僕は少し極端な例かもしれませんが、1年ほどで他の選択肢を探そうと決断しました。
とはいえ、これがもし3年後となれば間違いなくうつ病を患っていたと思います。

今のあなたも、まずは選択肢を広げることをやってみて下さい。

20代のエネルギーあふれる時間はあっという間なので、行動しておいたほうが損はしませんよ。

繰り返しになりますが、早い段階で「この仕事は自分に合っていない」と気づけたのはラッキーなんです。

今からでも軌道修正はできます。そして軌道修正は早いほど有利です。

あなたが”今”持っている若い20代のエネルギーは確実に武器になるし、使わないと損です!

「もし転職するにしても、30歳までに考えればいいかなー。」なんて考えは危ないですよ。

30歳をすぎると、確実に転職のハードルが高くなります。その理由はこの記事↓で解説しているので、合わせてお読みください。

20代向け|30歳になってからの転職は失敗率が上がる理由【悲報】30歳に突入すると転職のハードルが急激に高くなることを知っていますか?この記事では20代のうちに知っておきたい転職の裏側を解説しています。...

『若さ』という武器が使えるうちに、選択肢を広げておきましょう。

その一つの方法として、以下のような求人サイトで情報を収集しておくのもアリですよ。

優良な求人情報が集まる転職サイトはこちらです↓↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ
毎週2万6000人以上が新規登録しているという超大手の転職サイトです

こんな経験ありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■でも何もせずにずるずる時間が過ぎてしまっている

■早くなんとかしないと…と思いつつも、具体的に何をしたらいいのかわからない

そんなあなたのために、『誰でもできる具体的な一歩』をお伝えします。