仕事の悩み

なぜあなたは仕事を任せてもらえない?【ツラくても安易な転職はダメ】

なんで仕事を任せてもらえないのだろう
自分ではもっとやれると思うのに、現実は暇すぎてツラい
転職してこの環境を変えたい・・

若手の頃のこうしたやるせない気持ち、すごく分かります。

仕事を任せてもらえないけど、自分はやれるという思いとのギャップ。

たける
たける
僕も新人の頃はそうしたギャップに悩んでいました。

そして、僕は悩んで転職という選択をしました。

でも、仕事を任すマネジメント側になった今の僕は、仕事を任せてもらえないからと言って、すぐに転職という選択をするべきではないと思います。

任せる側、任される側、どちらも経験した僕だから分かることを書いていきます。

✔この記事からわかること

■上司があなたに仕事を任せない理由

■仕事を任せてもらえないからの転職はダメ

■キャリアは自分で積み上げるもの

仕事を任せてもらえないと悩む時間はもったいない。

そして、あなたにはこの先のキャリアを納得できるものにしてほしい。

そんな思いで書いています。せひ、最後まで読んでみてください。

あなたが仕事を任せてもらえない理由


まずはあなたが仕事を任されない理由を考えていきましょう。

原因は主に3つ。

✔仕事を任せてもらえない理由

  • あなたが失敗しても、上司の責任
  • 自己評価と周囲の評価がズレている
  • 仕事を任せる側へあなたの想いは伝わっていない

それぞれ説明していきます。

あなたが失敗しても、上司の責任

会社という大きな組織では、仕事に対して責任の所在が求められます。

あなたの上司にも、その上司が存在していて、さらに上が存在しています。

当然、上の人からすると自分が仕事を任せたのは上司なわけで、あなたではないので、責任は上司の責任になるわけです。

つまり、仕事に対する責任とは、仕事を任せた側、つまりあなたの上司が負わなくてはいけないもの。

仕事を任せる側からすると、難しい仕事や自分でできることは極力自分がやる。

もしくは、ベテランの人に任せたいと思うわけです。

新人のうちからバンバン仕事を任されるという方が珍しい。
上司の立場からすれば当然のリスク回避です。

自己評価と周囲の評価がズレている

一言で表現すると「自惚れ」というやつです

これは心理学の世界で良く知られており、レイク・ウォビゴン効果(平均以上効果)と呼ばれる認知バイアスの一つ。

簡単に説明すると、人間には自分が平均以上であると自己評価を過大に捉えてしまう心理傾向があるということです。

アメリカの心理学者David Myersが行った以下の実験があります。

アメリカの高校生を対象に行った実験では、自分が平均以上のリーダーシップ能力を持っていると評価した生徒は約70%、平均以下と自己評価した生徒は2%しかいなかった
引用元:Myers, D. (2010). Social Psychology (10th). New York: McGraw-Hill.

実際にどうかは別にして、人間というのは自分ができると思いこんでしまう生き物ということが証明されているわけです。

自己評価というのは総じて他人の評価より高くなってしまうものと知っておいてください。

自分はできると思っているのに、周囲から仕事が任されないという状況には、こうした人間の心理傾向も原因の一つと考えられます。

仕事を任せる側へあなたの想いは伝わっていない

今職場でのコミュニケーション不足というのが企業の課題になっています。

HR総研が企業に行った調査で、「今課題になっているコミュニケーションはどこか」という質問に対する回答結果が以下。(有効回答229社)

 

青が全体、オレンジが従業員1000人以上の大企業です。

特に赤枠で囲ったところに注目して欲しいのですが、部署内の課長とメンバーのコミュニケーション課題を抱えている割合は、全体で33%、大企業で48%。

以前より業務量が多くなり課長自身がプレイヤーとなることも多いため、部下とコミュニケーションを取れていない現状が分かります。

コミュニケーション不足になることで、あなたがもっと仕事をやりたいという思いは上司へ伝わっていないのかもしれません。

仕事を任せてもらえない人はどうなるのか

たける
たける
僕が仕事を任せてもらえないと悩んでいたころは、どんどんモチベーションが下がっていました。

そこから抜け出すためにも、どんな影響があるのか知っておくことは大切なので、3つほど整理してお伝えしていきます。

✔仕事を任せてもらえないことによる影響

  • 暇な時間はストレスを増幅する
  • やることがないのでモチベーションが下がる
  • 仕事を通してスキルアップできない

それぞれ説明していきます。

暇な時間はストレスを増幅する

人間というのは日々嫌なことを繰り返し考えてしまう生き物です。

これは進化の過程でリスクを恐れるようにプログラムされているので、仕方がないもの。

そして、実際に日常生活でも、仕事でも、不快な思いというのはしょっちゅう経験すると思います。

でも、たいていの人はすぐに忘れてしまう。

なぜならば、他にやるべきことがあるから。

これがヒマな時間が多いとあれやこれやと嫌なことを繰り返し考えてしまい、物凄いストレスを感じることになります。

ヒマな時間自体があなたにストレスを与えるのではなくて、ヒマな時間があるともともとあるストレスが増幅される。

やることがないのでモチベーションが下がる

せっかく仕事を頑張ろうと思っていても、やることがないとモチベーションが下がります。

これは、どんな精神力を持っている人でも同じ。

やはり何かしら目標ややるべきことを設定していないとやる気は出ません。

ベースメントアップス株式会社が行った「モチベーションについての調査」では以下のような結果が出ています。

 

上記のように、8割以上の新入社員がモチベーションを下げているというデータもあるわけです。

理由としては、多くの人が理想とのギャップを挙げています。

ただでさえ新入社員のモチベーションは下がっていくもの。
そして、ヒマな時間はそれを加速させる。

仕事を通してスキルアップできない

仕事を任せてもらえないことで懸念される最も悪い影響は、仕事を通してスキルアップができなくなることです。

20代という伸び盛りの時は、どんどん仕事をこなして、様々なことを学んでいくべき。

そんな大切な時期に、ボーっとして過ごすことほどもったいないことはない。

あなたもそれが分かっているから焦る気持ちがあるのかもしれません。

じゃあどうするの?という話は後述していきます。

あなたの長いキャリアの中で最も大切な時期が20代!
そこで成長できないのはかなりマズイ状況です。

仕事を任せてもらえないのがツラくても安易な転職はダメ

じゃあ、もっと仕事を任せてもらえる職場に転職したい!って考える人も多いと思います。

たける
たける
昔は僕も同じように考えていたので否定できないですが、やみくもな転職はやめておいた方がいいと思います。

もう少し落ち着いて今できることを考えてみませんか。

転職しても環境は変わらないか、さらに悪くなる

実は、転職しても今の環境はたいして変わらないことがほとんど。

もちろん、人間関係のトラブルとか、キャリアの方向性が違うとか、転職した方が良いケースもあります。

でも、仕事を任せてもらえないという理由ならば、他にいってもたいして環境は変わらないと、僕は思います。

仕事を任せてもらえるにこだわり過ぎて、逆にブラック企業を引いてしまえば、違う不満が出てきて今よりも悪くなる可能性さえあります。

問題は、今の職場や仕事ではなくて、あなた自身にあるのかもしれません。

まずは自分の強みを知ろう

極論を言えば、あなたが結果を出しまくれば、仕事は嫌ってほど舞い込んできます。

「今の職場で結果を出すにはどうすれば良いのか」

そんな方向で考えてみると、状況は変わっていくかもしれません。

それを考えてみる切り口として、まずは自分の強みを知りましょう。

以下のツールを使うと簡単に自分の強みを確認できます↓

【無料】グッドポイント診断

人材業界最大手のリクルートが本気で作ったツールなので、試す価値アリ!

このツールは、もともと転職する人向けの面接対策が目的ですが、別に転職しなくても利用できます。

自分の強みが分かれば、自信が持てるようになりますよ。

無料診断を受けたい人はこちら

↑リクナビNEXTの無料会員登録が必要

※なお、強み診断(グッドポイント診断)の始め方はこちらの記事↓で詳しく解説しています。
無料だしやってみよう!と思う方はこの記事↓を参考に診断をスタートさせてください。

グッドポイント診断の始め方!誰でも分かるように画像を使って解説します この記事では、グッドポイント診断を受ける手順を誰でも分かるように画像を使って丁寧に説明しています。 スマホを前提に説明...
たける
たける
ちなみに僕もグッドポイント診断やってみました。

診断結果が驚くほど的中していたので、その時のエピソードをこちらの記事に書いています↓

グッドポイント診断やってみた!無料の中では一番使える自己診断ツール! この記事ではリクナビNEXTが提供しているグッドポイント診断について、僕が実際にやってみたレビューを書いています。 グ...

仕事を任されるという受け身ではなく、主体的なキャリア形成を!

僕がこれまで働いてきて思うのは、仕事ができる人は自分で主体的に行動して、そこでの経験を通してさらに成長していくということです。

逆に、物足りないなっていう人は「仕事を任されないから成長できない」という受け身の思考を持っていることが多い印象。

皆さんにも、ぜひ主体的にキャリア形成していってほしいと思います。

仕事を任せてもらえてもチャンスを活かすかは自分次第

仕事を任せてもらえたとしても、それをあなたがどう受け止めて、どう行動するかでその後の結果やあなたのキャリアは変わってきます。

仕事を任せてもらえないと、受け身で考えるのはやめましょう。

今の自分に何かできることはないか、職場を見渡したり、仕事内容を整理したりしてみてください。

何かしらやれることはあると思いますよ。

たける
たける
会社や上司は、あなたの主体的に行動を大歓迎です。

暇な時間を使ってやれること【事例】

でも、やっぱり具体的に何をすれば言って欲しい・・
たける
たける
いきなり主体的になれという話をしても酷なので、おすすめの方法を一つ紹介します。

主体的な行動を分解すると、あなたを中心にして内と外で何かやれることは無いかという2つのアプローチがあります。

外に対しては、上司や先輩に何か手が足りていない仕事はないか聞いてみる、関係部署で困りごとがないか聞いてみる等が挙げられます。

内に対しては、自分の扱う製品、業界や競合他社のことを色々調べてみることが挙げられます。

特に、内に対してのアプローチは一人でできることなのでおすすめ。

例えば、ヒマな時間でネットサーフィンして、業界や競合他社に詳しくなっておけば、上司の見る目はすぐに変わりますよ。

上司や先輩たちは、ネットで調べられない仕事のノウハウや業界の慣例には詳しいですが、ネットで調べられる一般論は知らないことも多いです。

調べれば分かることでも、すぐにその場で知識を披露できるだけで仕事ができそうな印象を与えることができます。

主体的なキャリア形成をしていく中で転職はアリ

安易な転職はダメという話をしましたが、キャリアを積んでいく中で今の職場が物足りないならば、大いに転職するべきです。

例えば、以下のような状況。

  • 年功序列でこれ以上大きな仕事はあと5年経たないと任せてもらえない
  • 今の仕事では、これ以上自分は成長できない
  • 頑張って試行錯誤したけど、嫌がらせで仕事を振ってもらえない

あなたがすでに主体的に行動していてそれでも不満があるならば、転職して環境をかえることも検討してみましょう。

具体的な進め方ですが、プロの力を頼るのが手っ取り早いです。

リクルートエージェントという転職支援サービスでは、利用した人の100人中96人が新しい仕事を辞めてないという結果が報告されています。

つまり、それだけみんな次の職場に満足しているということ。

一人一人に担当者がついて相談に乗ってもらえるので、自分の境遇やニーズに応じた職場や仕事の話ができます。

情報収集という意味でも、エージェントを使うのがおすすめです。

相談だけでも可なので、お気軽にどうぞ↓
あなたの職場が物足りないなら今すぐクリック
転職支援実績No.1!どこよりも詳しい情報が揃っています

今回紹介したリクルートエージェントの魅力をもっと詳しく知りたい人は↓

リクルートエージェントの魅力【転職サポート実績No.1の理由】 リクルートエージェントを使ってみた人の口コミが知りたい。 本当に転職成功できるのかな? 実績No.1ってホントなの!...
転職エージェントは「相談だけ」でもOK!!利用するメリットとは? 転職エージェントは「相談するだけでもOK」って聞いたけどホントかな? ムリやり転職をすすめられないか心配… こう...

こんな悩みありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■この先ずっと今の仕事をするのはムリ

■今すぐ会社をやめようとは思わないけど、いつか限界が来そう

こんな仕事の悩みを解消する方法を、ここからお伝えします↓