仕事の悩み

社会人3年目まで頑張ったあなたへ【今こそ自分のキャリアを考える機会】

気付いたら社会人3年目…

友人の中には転職している人も出始めている

自分はこのまま今の仕事を続けていていいのだろうか

3年も仕事していると、仕事に慣れて会社全体が見え始めてくる頃

ふと我に返り、これからの自分のキャリアに疑問を持ち始めていませんか?

たける
たける
僕もキャリアに迷っていた一人です。
皆さんが悩んだように、多くの先輩たちがこの時期に同じ悩みを抱えています。

でも、必ずしも転職が全てではないと思います。

皆さんにも自分のキャリアとしっかり向き合って欲しいと思いつつ、間違った選択はしてほしくないので、この記事を書いています。

✔この記事からわかること

■会社からみた社会人3年目の位置づけ

■自分のキャリアと向き合う方法

■今の仕事か、転職か、どちらにすべきかを見極める方法

これを見ている方の中には社会人1年目~3年未満、もしくは4年以上の方もいるかもしれないので、勘違いしないように言っておきますが、キャリアを見つめ直すのに早いも遅いもありません。

キャリアに疑問を抱いたならば、今すぐ見つめ直してみましょう。

こちら↓の記事で、世間がなぜ「とりあえず3年」にこだわるのか暴露しているので、合わせて下記ご覧ください。

なぜ「とりあえず3年」なのか?5つの理由を解説【惑わされないで】 新卒で働き始めて2年目だけど、やめようか迷ってる。 とりあえず3年って言葉を聞くけど、なぜ「3年」なんだろう? 3年...

会社からみた社会人3年目の位置づけ

一般的には、入社して3年も経つと若手社員として独り立ちして仕事をすることが求められるようになると思います。

そんな若手社員に対して、会社はどのように見ているのか整理してみましょう。

✔会社からみた社会人3年目の位置づけ

  • チームの中核として頑張ってもらいたい
  • 4年目以降はやめにくいので一安心

大きく分けると上記2つとなります。

チームの中核として頑張ってもらいたい

企業にとって一番大事なものは収益目標の達成です。

そのために、個人に割り当てられる目標設定があるはず。

それは、販売数だったり、顧客満足度だったり、処理件数だったり、会社や部署によって様々。

でも、同じく言えるのは社会人3年目ともなればチームの中核を担う存在として、確実にその個人目標を達成してチームに貢献してもらう必要があるということです。

言い換えると、社会人3年目は全体の会社目標を意識して仕事しなければいけなくなるタイミングなんです。

会社としては、皆さんに期待しているということです。

4年目以降はやめにくいので一安心

企業側は、社会人4年目以降の離職率が低くなることを知っています。

下のグラフを見てください。

会社を辞めた人を対象に、「入社何年目に会社を辞めたのか」というアンケートを行った結果です。

引用元:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/36

1年目は17.7%、2年目は23.0%、3年目は25.7%

つまり3年以内に辞めた人の合計は66.4%。

この調査結果から、3年以内に自分の仕事に見切りをつけて辞める人が大勢いることが分かりますね。

多くの方が3年という期間をめどに自分のキャリアを見つめ直しているという事実を知っておいてください。

つまり、勤続3年を超えた社員というのは、能力的に期待でき、退職する可能性も低くなってきている人材。

これからお金をかけた分を回収したいというのが企業の本音かもしれません。

社会人3年目のキャリアの向き合い方

自分のキャリアを見つめ直すって言っても、何をしたらいいのか分からないよ。
たける
たける
大丈夫です!誰でも簡単にできる方法を紹介していきます。

僕が色々調べて、自分で試してみて良かったなと思うことを挙げていきます。

✔自分のキャリアと向き合う方法

  • 職場の先輩や上司を見る
  • 仕事の価値観を整理
  • 自分の強みを知る
  • 自分の市場価値を知る
  • 自分がなりたい将来像を考える

それでは、一つ一つ解説していきます。

職場の先輩や上司を見てみる

自分のキャリアを考える上で、当然3年続けた今の仕事を続けるべきかどうか、この判断は必ず必要になります。

そんな時に、一撃で判断する方法を伝授します。

その方法とは、「職場の先輩や上司みたいになりたいかどうか」

5年後、10年後、その先輩や上司のポジションには、おそらくあなたがいて同じような仕事やっているわけです。

「絶対に先輩や上司みたいになりたくない!」って思うなら、今すぐ転職を検討するべきでしょう。

シンプルですが、判断材料としては一番信頼できるのではないでしょうか。

仕事の価値観を整理しよう

あなたは将来どうなりたいですか?

難しい質問かもしれないですが、自分の中で将来像を持っておくのは大切です。

もしこの質問が難しければ、以下の質問を考えてみてください。

「安定性」「給料」「労働環境」「やりがい」「自己成長」「勤務地」これら6つの項目の中で、優先したい2項目を選んでください。

これであなたの仕事に対する価値観が見えてきます。

例えば、「給料」と「自己成長」を選ぶのであれば、不動産や保険の営業といった、超キツい職場ながら対人スキルを磨けて、かつ給料も高い仕事が選択肢に入ります。

「労働環境」「やりがい」を選ぶのであれば、老舗メーカーなんかは仕事がホワイトで社会貢献度の高い事業をやっている会社が多いと思います。NPO法人なんかも良いかもしれませんね。

自分のやりたい仕事、頑張りたい方向と今の職場が合っているかチェックしましょう。

自分の強みを知ろう

だれにでも得手不得手ってありますよね。

そして、当然自分が得意なところで結果を出す方が、ラクに決まっています。

だから、自分の強みを認識するのはすごく大切です。

これを知る一番良い方法は、友人や同僚など第3者からの意見をもらうという方法です。

自分では普通だと思っていることが、案外他人から見るとすごいことだったりするものなんですよね。

でも、「人に聞くのはちょっと恥ずかしい」という方は、以下のツールを使っても比較的簡単に自分の強みを確認できます↓

【無料】グッドポイント診断

人材業界最大手のリクルートが本気で作ったツールなので、試す価値アリ!

このツールは、もともと転職する人向けの面接対策が目的ですが、別に転職しなくても利用できます。

自分の強みが分かれば、自信が持てるようになりますよ。

無料診断を受けたい人はこちら

↑リクナビNEXTの無料会員登録が必要

リクルートが提供するツールなので、もとは転職を前提とした強み診断ツールです。

じゃあ、転職に興味ない人は意味無いのかと思いきや、そこは関係ないです。

すごく客観的に診断されるので、実は転職に興味がない人でもめっちゃ使えると思います!

たける
たける
ちなみに僕もグッドポイント診断やってみました。

診断結果が驚くほど的中していたので、その時のエピソードをこちらの記事に書いています↓

グッドポイント診断やってみた!無料の中では一番使える自己診断ツール!リクナビNEXTが提供する渾身の自己診断ツール「グッドポイント診断」を試しにやってみました!診断結果の精度やどんな内容なのか、実際にどんなもんか気になっている方の参考になれば幸いです。...

自分の市場価値を知ろう

自分の市場価値って、どれぐらいか知りたいと思いませんか?

実際に、キャリアを考えていく上でも、現在値がどこなのかを明確にしておくと、次にやるべきことが見えやすいです。

ミイダスという転職サイトが、この疑問に答えてくれる診断ツールを出しています。

あなたの市場価値を診断します!
【無料】自分の市場価値診断

統計的に自分の市場価値を知ることができるように設計された診断ツールで、もちろん無料で使うことができます。

今の年収が400万円だとして、年収600万円ってどんな人材なのか・・

自分に何か足りていないのならば、それを埋められるように頑張れば良い。

もし自分でもそのポジションに当てはまりそうならば、今の評価(年収)が妥当ではないのかもしれません。

今の仕事を続けるにしても、それを知っておくのは有益だと思いませんか?

簡単に登録できてしまうので、ぜひ一度検討してみてください。

重要なのは、やりたい仕事、興味がある仕事と今の自分との距離を把握しておくこと。

就職活動時代にやった自己分析と同じで、まずは己を知るというのが大切です。

市場価値診断に興味がある方はこちら
MIIDAS(ミイダス)公式ページ

自分がなりたい将来像を考えよう

おそらく、なりたい将来像が定まらないからキャリアに悩んでいるのだと思います。

僕もそうでしたが、これに対しては簡単に答えを出す必要はありません。

むしろ、しっかり時間をかけて考えて欲しいと思っています。

上記で紹介した自分の市場価値を知る過程で、様々な求人に出会うことになります。

本当に、様々な仕事があるので、自分がその業界で働くイメージを膨らませながら、どんな仕事をしたいのか良く考えてみてください。

皆さんの社会人生活は始まったばかりです。

答えが今の仕事ならそこで一生懸命頑張るべきだし、転職するならできるだけ早く行動した方が良いです。

社会人3年目の最大の武器はポテンシャル

でも、まだ社会人3年目の若手がアピールできる能力なんてないんだけどな・・
たける
たける
今の時代、ポテンシャル採用という考え方が浸透してきているから大丈夫ですよ。

ポテンシャル採用では若手が有利

ポテンシャル採用とは、簡単に言えば将来の伸びしろに期待して採用してくれるというもの。

僕自身も新卒2年目で転職しているわけですが、実際に面接でやる気や熱意を伝えて採用してもらえた経験があります。

30代となり会社の中核を任されるようになった今の僕も、やはり若いやる気のある人が自分のチームにも欲しいと思います。

終身雇用が根強い日本社会で初めての転職に踏み切るのは勇気がいることだと思いますが、実は転職する方は増えており、企業側も若手の転職に寛容になってきています。

大手転職サイトのDODAで、下記のような記載を見付けました。

25〜29歳では「転職をしたことがある人」が35.5%、「転職を検討したことがある人」が33.1%という結果になりました。
約7割の人が社会人3〜7年の間に、新卒で入社した会社を辞めて転職をしたり、転職を検討するようです。

引用元:https://doda.jp/guide/ranking/041.html

要約すると、下記になります。

  • 20代の35.5%転職をすでに経験している
  • 20代の33.1%転職を考えている

それでも、20代で転職に不安な方は、別の記事でも詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

20代転職は不安でも悩む必要がない理由【チャンスを逃してます】 今の会社でまだ3年も働いてないけど、転職できるかな? 勤続年数が短いのは転職に不利? スキルもないしアピールポイント...
でも正直なとこ、会社の良し悪しなんて分からないよ。
たける
たける
それならプロに頼むのを選択肢として考えてはどうかな。

転職業界のビジネスモデルは求人企業からお金を取る仕組みなので、利用者は転職しても、しなくても、一切お金がかかりません。

お試しで使ってみるだけでもOKです。

転職支援サービスをうまく利用しよう

業界最大手のリクルートエージェントという転職支援サービスなら、あなたが希望するキャリアを実現できる就職先が見つかるかもしれません。

僕もお世話になりましたが、求人に応募する前にその会社がどんな会社なのかあなたの気が済むまで聞くことが出来ます。

だったら安心して、理想の仕事を探せると思いませんか?

あなたにとっての理想が手に入れば、仕事行くのイヤだな~(T_T)なんて思うこともないし、またあのギスギスした職場に行かないと行けないのか…なんて考える必要はないのです。

絶対に見つかる保証はありませんが、試さないのはもったいない。

今のあなたが、

いつまでこんな嫌な仕事を続けないといけないんだろう…

と悩んでいるのなら、一つの対処法としてリクルートエージェントに相談することも頭に入れておきましょう。

転職相談ならリクルートエージェントがおすすめ↓
悩んでいるなら思い切ってプロに相談してみよう
転職支援実績No.1!どこよりも詳しい情報が揃っています
相談だけでも可なので、お気軽にどうぞ!

社会人3年目のあなたに伝えたいこと

最後にキャリアを考える上で伝えておきたいことを書いて締めたいと思います。

20代をどう過ごすかで、その後のキャリアは決まる。

20代で学んだこと、経験したことが、30代以降の仕事のベース。

少し大げさかもしれませんが、少なくても今30代の僕はそう感じています。

だから、あなたがどんな選択をするにせよ、自分が成長できる選択をしてほしいと心から願っています。

30代、40代になれば、仕事はいくらでも手を抜けます。

それでも仕事ができているように見えるのは、20代の頃に全部経験して勘どころが分かっているからなんです。

ぜひ、あなたが納得いくまで自分のキャリアと向き合ってみてください。

当サイトがその助けになれたら幸いです。

今回紹介した転職エージェントはこちら↓
キャリアを相談するならリクルートエージェントがおすすめ
転職支援実績No.1!どこよりも詳しい情報が揃っています

ここで紹介しているリクルートエージェントの魅力について、この記事↓で詳しく解説しています。

リクルートエージェントの魅力【転職サポート実績No.1の理由】 リクルートエージェントを使ってみた人の口コミが知りたい。 本当に転職成功できるのかな? 実績No.1ってホントなの!...
転職エージェントは「相談だけ」でもOK!!利用するメリットとは? 転職エージェントは「相談するだけでもOK」って聞いたけどホントかな? ムリやり転職をすすめられないか心配… こう...