人間関係

会社の飲み会に行きたくないのは悪い事ではない【正しい感覚ですよ】

飲み会に行きたくない人
飲み会に行きたくない人

会社の飲み会に行きたくない。
行っても楽しくないし、気疲れするだけでメリットが何もない。
うまく断る方法があれば知りたい。

こんな疑問に答えます。

✔本記事の内容

■会社の飲み会に行きたくないのは正しい感覚です

■飲み会をうまく断る方法3つ

■次の一手は考えておきましょう

この記事を書いている僕は、飲み会がおもしろくないと思いつつも、無理して参加している時期がありました。

その結果分かったことは…、無理して参加したところで得るものはないということ。

たける
たける
入社してすぐの時は右も左もわからないまま、頑張って飲み会に参加してました。笑

これを読んでいるあなたには、僕と同じような失敗はしてほしくありません。

会社の飲み会に行きたくないと思うのは悪い事ではない!

この記事を読んでいるあなたはもしかしたら、

飲み会に行きたくないなんて思っている自分ってダメな人間なのかな?

なんて思っているかもしれません。

しかしはっきり言いますが、ダメなんてことはありえませんよ。

むしろ、それって正しい感覚なんです。

理由は以下の通り。

  • 飲みにケーションは上司が楽しいだけだから
  • 飲めないお酒を飲まされる地獄だから
  • 賢い人は飲み会が無駄であることに気づいているから

では一つずつ解説しますね。

飲みにケーションは上司が楽しいだけ

言うまでもなく、飲み会って上司が楽しいだけですよね。

新人からしたら地獄です。

実際に僕が経験した地獄は以下の通り。

  • 「面白いことをやれとか言われる」僕芸人ちゃいますよ…
  • 「ずっとお酌して気疲れする」僕はキャバ嬢ですか…
  • 「武勇伝を聞かされる」その話この前も聞いたたんですけど…
  • 「説教される」疲れてる上にさらに説教されるとかマジ地獄…

言い出すとキリがありません。

そして残念なことに上司は、自分が楽しければ部下も楽しんでいると勘違いしています。

これだけでも飲み会に行くメリットってゼロですよね。

飲めないお酒を飲まされる

上下関係が厳しい職場では、お酒を上司のペースに合わせて飲まされることがあります。

  • 「そんなもんしか飲めないのか?」
  • 「まだまだ飲めるだろ!?」

完全にアルハラ(アルコールハラスメント)なのですが、上司はそんなこともお構いなしでグイグイ迫ってきます。

たける
たける
僕はアルコールが一切飲めない体質なのでこれがキツかった…

新人の頃はビールを3杯ほど飲まされては、トイレでリバース…

また3杯ほど飲まされたら、トイレでリバース…

今思うとなぜここまで頑張っていたのか謎ですが、当時は「飲み会に出席するのを強制するような職場」にいたので、新人はこういう運命なんだと思ってました。

(完全にアホですよね、僕)

賢い人は飲み会が無駄であることに気づいている

そもそもですが、飲み会に行きたくとない感じている時点で、「飲み会に行ってもメリットがない」ことに直感的にあなたは気づいています。

当然、出席してもメリットがないなら、その行動は無駄ですよね。

なので、無駄だと分かっている事を無理やり出席する方向へシフトする必要なんてないんですよ。

賢い人は、物事の優先順位を考え、「やるべきこと」と「やらないこと」を考えるのが得意です。

しかし、外的要因に惑わされている人は、自分で感じていることに嘘をつき、反対の行動を取ってしまいます。

本当にあなたが取りたい行動はどれですか?

素直な気持ちで自分の心と向き合えば、答えは簡単なハズです。

自分の時間を大事にする人が増えている

興味深いアンケート結果があったので、引用します。

20代が仕事に求めること――1位は「プライベートを大切に働けること」

仕事に求めることを尋ねたところ、「プライベートを大切に働けること」(59%)が最も多かった。その理由として「仕事漬けでプライベートを寝て過ごすと、働くこと自体が苦痛になる」「仕事だけの人生は送りたくない」「プライベートな時間が確保されてリフレッシュできるからこそ、また仕事を頑張ろうと思える」などが挙がった。
引用元:https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1710/10/news050.html

このように、プライベートの時間をいかに確保するかに関心が高まっている時代なんですね。

くどいようで申し訳ありませんが、あなたの「飲み会に行きたくない」という感覚は普通だということがこのデータからも証明されましたね。

会社の飲み会をうまく断る方法3つ

ここからは、飲み会を断る方法を紹介します。
以下の3つです。

  • 体調が悪い
  • 家族の体調不良を理由にする
  • すでに予定を入れておく

体調が悪い

仕事がハードであれば、疲れている or 疲れすぎて体調がすぐれないのを理由に断ることができます。

本当に疲れているときに、アルコールを摂取するのは危険ですからね。

具体的には、

「翌日に備えて今日はゆっくり休もうと思っている」

「花粉症がツライのでできるだけ早く帰りたい」

「ここ最近おなかの調子が悪くて…」

上記のように、体調不良と一言で言ってもいろんな切り口があるので、ぜひアレンジして試してみて下さい。

家族の体調不良を理由にする

家族の体調不良も理由に使えます。

子どもがいる人は、「子どもが熱を出している」といった言い方が出来ます。

子どもが居ない人は、「親の通院の送り迎えがあるんです」なんて理由が使えます。

親の体調不良は結構重みがある話なので、「それは仕方ないな」って納得してくれますよ。

「親の体調不良がなんだ!」なんて暴言を吐く上司がいたらそれは鬼です。職場から逃げましょう。

すでに予定を入れておく

新年会、忘年会、歓迎会、送別会といったイベントは、あらかじめ設定される日が予想できることがあります。

そういった飲み会が設定されそうな日に、あえて予定を入れておきましょう。

「セミナーへ行く」

「前から約束している予定がある」

「昔の友達に久しぶりに会う」

上記のような、事前に予定していた風の理由を使って、断りましょう。

会社の飲み会が多い業種、少ない業種

そもそもですが、飲み会の頻度や飲み会を強制する雰囲気って、業種や職場の風土によってかなり左右されます。

たける
たける
僕は職場を2つ経験してますが、2つとも風土が違うし、飲み会に対する強制度合も違っていてビックリしました。

飲み会が多い業種

言わずもかなですが、ダントツで営業職ですよね。

接待だけでも大変なのに、職場内の飲み会があると週3以上が飲み会なんてのはザラでしょう。

あとは現場でギラギラ働く業種も飲み会が多い印象ですね。

飲み会が少ない業種

エンジニアなどのIT関係は少ないです。
(実際にIT系で働いている友達に聞きました。)

仮に飲み会があったとしても、普通に断れる雰囲気だとも言っていましたね。

エンジニアのような一人で仕事を黙々と進めるような業種は、コミュニケーションが少なめなので、飲み会も少ない印象です。

常に情報だけは頭に入れておこう

今のあなたの職場が飲み会が多くて困っているのなら、まずはうまく断ることを最優先にしましょう。

とはいえ、ずっと断り続けるのもなかなか苦労することと思います。

僕は職場を2つ経験しているので分かるのですが、職場の風土によって飲み会の断りやすさがぜんぜん違います。

たける
たける
断りやすい雰囲気の職場ってホントに気持ちいですよ。
断っても嫌味も言われませんからね。

行きたい人だけが集まって、お酒を飲む。本来飲み会ってそういうものだと思うんです。

先ほどもあったように、業種にもっても飲み会の頻度や強制力が違うので、飲み会が少ないような業種へ転職するのも悩みを解決する方法かもしれません。

今すぐ転職なんて考える必要はありませんが、飲み会が少ないドライな関係か築けそうな仕事がないか情報だけでも常に入手しておきましょう。

でないと、一生今の悩みを抱えてしまうことが確定してしまいますからね。

簡単に、しかも最新の情報を定期的に入手するのに最適な方法は、リクナビNEXTを利用することです。

リクナビNEXTは、転職をそこまで深く考えてないけど、もしかした将来あり得るかも…といった転職予備軍の人が多く登録している転職サイトです。

実際、リクナビNEXTも「とりあえず登録だけしておくか」といった人を歓迎しています。

自分の気になった条件を登録しておくだけで、勝手にメールで条件に合った求人だけがあなたに届くようになるので、情報をストックしておくのには最適なんです。

そこでもし運よく良さそうな求人があれば、そっちに乗り換えればいいんです。

情報をストックしていなければ、運よく乗り換えるチャンスすらないので、とりあえず登録だけでもしておくことをおすすめします。

優良な求人情報が集まる転職サイトはこちら↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ
毎週2万6000人以上が新規登録している超大手の転職サイトです

こんな仕事の悩みありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■この先ずっと今の仕事をするのは無理

■今すぐ会社をやめようとは思わないけど、いつか限界が来そう

こんな仕事の悩みを解消する方法を、ここからお伝えします↓