転職

20代向け|30歳になってからの転職は失敗率が上がる理由【悲報】

20代会社員
20代会社員

転職ってある程度経験やスキルが身につく30歳を超えてからのほうが賢いのかな?
若いうちに転職すると経験が浅くて失敗しそうだし…。
転職を考えるのに一番良いタイミングがあれば知りたいな。

こんな疑問に答えます。

✔本記事の内容

■30歳になってからの転職は、ハードルが高く失敗する理由

■転職の一番良いタイミングが分かる

■【結論】今すぐ転職しなくても、情報と選択肢は握っておきましょう

この記事は、「今すぐ転職しましょう」といった内容ではありません。

ですが、今の会社でのん気に歳を重ねていては、気が付いた時には身動きが取れない年齢になっているのも事実です。

あなたが少しでも今後の人生設計を真剣に考えようと思うのなら、この記事の情報に目を通して欲しいです。世間から置いてけぼりを食らわないでください。

この記事は3分で読めます。

30歳になってからの転職はハードルが高く失敗率が上がる理由

30歳になってからの転職が失敗しやすくなる理由は以下の通りです。

  1. 29歳以下の残酷なフィルター
  2. あなたのキャリアを問われる
  3. やる気だけはあるんです!が通用しない

29歳以下の残酷なフィルター

企業は「スキルがあり少しでも若い人材」を探したいと考えます。

年齢が上がるにつれて人件費もかかるし、リスクが伴うのでこれは当然のことです。

なので、若い人材を探すために大量の求職者を20代でフィルターしてしまうんです。

それって残酷じゃない?

って思うかもしれませんが、これは企業側から考えればごく自然なことなんです。

例えば、あなたは一人暮らしで家を借りるときに、「駅から徒歩5分」や、「風呂・トイレ別」といったチェックボックスに✔を入れて検索したことがありませんか?

効率よく目当てのものを探したいときに、人間はこういった機能を使うのです。

企業もこれと同じように、効率よく若くて有能な人材を探すために、29歳以下にチェックを入れて探しているのです。

35歳を超えると履歴書すら見てもらえないとう例もあるので、年齢で区切られてしまう残酷な現実は知っておきましょう。

あなたのキャリアを問われる

30歳といえば、たいていの人は勤続7年前後を迎えているハズ。

同じ会社で7年も働いていたら、当然専門的なスキルが付いて、経験も積んでいると誰もが期待しますよね。

当然、あなたが受けたいと思っている企業も、同じような期待をしているに違いありません。

とはいえ、この7年間の成果をたった数分の面接や数行の書類でアピールするのは難しいです。

それに、需要と供給の面から考えてみても、需要の少ないスキルをアピールしても勝ち目はありません。

いやいや、俺はきっちり需要のあるスキルや経験を持っているよ!

とあなたが思うのなら、それはそれでOKです。

ですがあくまでも、20代よりも30代のほうがキャリアを求められ、転職に対するハードルが高いことは知っておきましょう。

やる気だけは人一倍あるんです!は通用しない

30歳を過ぎたら、「やる気、熱意」だけでは企業から相手にしてもらえません。

人を雇うのにはお金がかかります。

人件費は30代>20代なので、30代に付加価値を求めるのは当然ですよね。

にもかかわらず、30代の人間が「やる気」という武器だけで戦おうとするのは、戦う前からすでにライバルに負けています。

なので、30歳を超えた人間が転職をうまく成功させるには、最低でもスキルや実績を売り込めるレベルにまで積み上げておく必要があるんですね。

あなたならまだ間に合う!転職の一番良いタイミング

30歳を超えると、キャリア、経験、実績を求められハードルが高くなる…

ではどのタイミングが一番転職しやすいのか?

その答えは、ポテンシャル転職が狙える20代しかありません。

ポテンシャル転職とは??

ポテンシャルは直訳すると「潜在能力」です。

未経験や知識・スキル不足でもあなたの潜在能力を評価してもらい、将来への可能性という視点から企業から内定をもらう、という転職方法です。

いわゆる第二新卒の転職もこのポテンシャル転職に相当する場合が多いです。

ポテンシャル転職が可能な20代ならば、やる気を評価してもらいやすいです。

若いからこそ持っているパワーやチャレンジ精神を示すことで、専門的スキルが十分でなかったとしても、企業はあなたに投資してくれるからなんです。

とはいえ、ホントにやる気だけで評価してくれるのかな…って不安になりますよね。

僕もそうだったので、その気持ちは分かります。

20代には20代なりの不安があるし、誰だって転職に失敗するのは怖いのでそう思うのも無理ありません。

この記事↓では、20代がぶつかる転職の不安をまとめています。でもその不安って実はまったく悩む必要がないんです。理由は記事をお読みください。考え方が180度変わりますよ。

20代転職は不安でも悩む必要がない理由【チャンスを逃してます】 20代で転職しようと思う人はこういった悩みや不安をみんな持っています。 なので、いざ「転職したいな」と思っても、失敗するの...

ポテンシャル転職がしやすい転職サービス

それではポテンシャル転職を狙うときに使える転職サービスを紹介します。

ここでは2つのサービスを紹介するので、あなたのタイプによって使い分けてください。

がっつり相談して考えたい人

がっつり相談して転職を考えたい人はリクルートエージェントを選びましょう。

あなたに担当者が一人付いてくれるので、今までの職務経歴や専門性・強みを一緒に考えながら、あなたに合った新しい仕事を紹介してくれますよ。

さらにリクルートエージェントは相談するだけでもウェルカムという神対応なので、この先のキャリアが不安だ…という人も、相談ありきで利用してみるといいでしょう。

リクルートエージェントの魅力については、この記事↓でさらに詳しくまとめていますので、合わせてお読みください。利用してみた人の口コミも掲載しています。

リクルートエージェントの魅力【転職サポート実績No.1の理由】 こういった疑問を持って、あなたはこの記事を読んでいるのだと思います。 結論から言うと、リクルートエージェントは満足のいく転...

自分のペースで進めたい人

自分のペースで転職を進めたい人はリクナビNEXTを利用しましょう。

リクナビNEXTは転職サイト登録者数No.1の有名なサービスで、求人の数もトップです。

自分の希望する職業、勤務地などを登録すれば、勝手にメールで希望通りの求人が届くようになります。

実際に応募するかどうかは別として、とりあえず情報を見ておきたいといったニーズにはぴったりのサービスです。

気になる求人があるときだけ行動するだけなので、自分のペースで進めることが出来ますよね。

さらに、このリクナビNEXTではサイト内にある【強み診断】が秀逸で有名です。

今の仕事が自分に向いているように思えない、でもどんな仕事が向いているかもわからない

こんな悩みをもつ20代は大勢います。

であれば、強み診断をしてあなたに合う仕事は何かをまず知っておきませんか?
ここから無料で診断できます↓クリック
グッドポイント

リクナビNEXTの魅力については、この記事↓でさらに詳しくまとめていますので、合わせてお読みください。

転職サイトで迷ったならリクナビNEXTを選ぶ3つの理由【決定版】 あなたはこんな疑問を持って、この記事にたどり着いたのだと思います。 結論から言うと、リクナビNEXTは数ある転職サイトの中...

今すぐ転職しなくても、情報と選択肢は握っておく時代

これからの時代は、つぶれないとおもっていた会社がいきなりつぶれることもあります。

ぎりぎり潰れないにしても、吸収合併なんてことはしょっちゅうですよね。

一方では、無名だった会社が急に注目を浴びて一気に伸び始めることもあります。

なので、今の時代は「自分は本当に今の会社に居続けていいのか?」と自問しつつ、他にも選択肢を常に持っておくことが必須になっているのです。

選択肢を広げるには情報を拾うしかありません

とはいっても、転職サービスを利用したりネットで調べれば情報は得られるので、すべて無料で情報は手に入ります。

つまりあなたの行動力次第で情報や選択肢はどんどん広がります。

とはいえ、残念ながらほとんどの人はこれをやらないんです。

なぜなら人間は新しい情報を見たり聞いたりしたときに、

「行動したくない」「現状のままで良い」

という本能が働くようにできているからなんですね。

その結果、「辛くても今の会社で頑張るしかないんだ」と思い込む人が、たとえブラック企業であろうが神経をすり減らして働き続けるのです。

賢い人は「すぐ転職する気がなくても、自分が労働市場でどれくらい求められているかを常に見ておく」といった思考を持っています。

ひょっとしたら、あなたの同僚も黙っているだけで、選択肢を人げるための行動を起こしているかもしれませんよ。

世間から置いてけぼりを食らわないようにしてください。

今は情報と選択肢を握っていなければ、長い人生で損をしてしまう時代なのです。

まとめ

というわけで、結論をまとめます。

  • 30代の転職が難しい理由は、キャリアを問われるから、企業が29歳以下でフィルターをかけるから。
  • 転職の一番良いタイミングは、ポテンシャル転職が狙える20代。
  • ポテンシャル転職に使える転職サービスはリクルートエージェントとリクナビNEXT
  • 今すぐ転職しなくても、情報と選択肢は常に握っておきましょう

今の時代、20代が優遇されているのは確かです。

とはいえ、世の中の情報はどんどん更新されていきますので、数年後にはポテンシャル転職なんて言葉が死語になっているかもしれません。

なので、今のチャンスを逃さないようにしましょう。

少しでも今の仕事に疑問を感じているのなら、若いうちから動けるきっかけを作っておきましょう。

動ける手段の一つとして、以下のようなサービスを使うのも手ですよ。

この記事で紹介した転職サービス

こんな仕事の悩みありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■この先ずっと今の仕事をするのは無理

■今すぐ会社をやめようとは思わないけど、いつか限界が来そう

こんな仕事の悩みを解消する方法を、ここからお伝えします↓