転職

転職で失敗したくない人へ|成功する裏技を教えます【二刀流が最強】

転職で失敗したくない人
  • 今より良い職場へ転職したい
  • でも失敗は絶対にしたくない
  • 効率よく成功させる方法があれば知りたい

こういった疑問に答えます。

誰でも転職するのは勇気がいることだし、失敗を避けたいと思うのは当然です。

いざ転職したところで、前の仕事のほうが良かった…なんて事になると悲惨ですからね。

✔本記事の内容

■転職を成功させる裏技を教えます【二刀流が最強】

■おすすめの転職サイト、転職エージェントが分かる

この記事を書いている僕は、転職サービスを実際に利用したことがあります。

そんな僕が、「今の時代ならこの方法が転職の最強方程式じゃないか?」と考えた方法があるので、紹介させてもらいます。

この記事を読めば、あなたは少ないエネルギーで理想的な転職ができるようになりますよ。

転職で失敗せず成功させるには二刀流が最強

二刀流なんて言葉を使っちゃいましたが、ようするに2つのサービスを同時に使う方法をおすすめしています。

つまり2つの転職サービス会社を同時に使うことです。

とはいえ、なんでもいいから転職サービス会社を2社選んだらいいってわけではありません。

結論から言うと、次の選び方をしてください。

転職サイトを1社、転職エージェントを1社選ぶ

必ず転職サイト転職エージェントをそれぞれ1社ずつ選びましょう。

選び方は後述しますが、ここではそれぞれ1社ずつ選べばいいのだ程度の理解でOKです。

転職サイト・転職エージェントの違い

ここで、転職サイトと転職エージェントの違いについて触れておきます。

2つのサービスの大きな違いは、専任のアドバイザーがあなたに付くかどうかです。
転職エージェントのみ、アドバイザーが付きます。

転職エージェントを利用すれば、あなたに代わって求人を探してくれたり、履歴書の添削、面接対策などといったサポートを受けられます。

しかし一方で、転職エージェントが持ってくる求人の中から選ぶことになるので、選択肢は狭くなります。

文章で解説すると分かりにくいかなと思うので、下記でメリットとデメリットをまとめておきます。

転職サイト

メリット

  • 自由に選びたい求人を探せる
  • 自分のペースで転職活動ができる

デメリット

  • 企業との面接調整を自分でやる必要がある
  • 履歴書の書き方や面接対策のアドバイスがもらえない

転職エージェント

メリット

  • 専任のアドバイザーが付くので企業との日程調整や面接対策のアドバイスがもらえる
  • 非公開の案件を紹介してもらえる

デメリット

  • 内定しそうな無難な求人しか紹介してもらえない
  • 新しい業種への転職は難しい

※これ以外にも細かい話をするとメリット・デメリットはたくさんありますが、多すぎると混乱するので概要としてはこの程度の理解でOKです。

転職サイトの賢い選び方

ここからは転職サイトの賢い選び方を紹介します。

これが一番重要!求人の多さ

仕事を探しているのだから、言うまでもなく求人の多さが一番大事です。

しかも求人が多いサイトは、必然的に信頼性が高く質の良いサイトと言えます。

なぜなら求人がたくさん集まっているということは、それだけ企業からの信頼を得ていると言えるからです。

なので、求人が多いかどうかは転職サイトを判断するうえで大事なポイントです。

独自で扱っている求人の多さ

独自で持っている求人の多さも、転職サイトの良さを判断する上で大切です。

さっきの話にもつながるのですが、独自の求人を持っているということは、それだけその転職サイトが企業から信頼されている可能性が高いです。

なので、独自の求人を持っていればいるほど質の高いサイトだと言えます。

スカウト機能があるか

スカウト機能とは、あなたがサイトに登録した職務経歴などを企業が確認し、「ぜひ、面接を受けてみませんか?」とあなたへメールが届く機能です。

本来あなたが求人を探すところを、このスカウト機能があれば企業からメールをもらえるので、探す手間もなくなるし、採用の可能性も高いので、一石二鳥です。

転職エージェントの賢い選び方

次に転職エージェントの選び方を紹介します。これも3つあります!

非公開求人の数

転職エージェントでは、非公開求人を紹介するのは当たり前です。

でもその非公開求人の数で、転職エージェントの良さが分かれてしまいます。

その理由は転職サイトと同じで、より非公開求人が多いほうが多くの企業から信頼されているエージェントだと判断できるからなんですね。

実績のあるアドバイザーがいるか

専任のアドバイザーに頼る部分が多い転職エージェントでは、アドバイザーの経験値が転職の成功率に直結すると言っても過言ではありません。

経験豊富なアドバイザーがあなたに付けば、幅の広い柔軟なアドバイスをしてもらえる可能性も高いし、あなたの選べる求人の幅も広がります

なので、実績のあるアドバイザーが在籍しているかどうかは重要なポイントです。

サポート体制が充実しているか

職経歴書などの提出物の添削、面接対策などのサポート体制が充実しているかどうかも、転職エージェントを選ぶときには見ておくべきです。

規模の大きい転職エージェントほど、求人には出てこないような企業の裏的な情報を知っている場合もあります。

面接でどんなことを聞かれやすいかを教えてくれることもあります。なので、こういったサポート体制の質も見ておきましょう。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

いよいよ具体的に「どのサービスを選んだらいいのか」を紹介します。

さっきの賢い選び方に出てきたポイントをもう一度まとめておきます。

転職サイト選びのポイント3つ

  1. 求人の多さ
  2. 独自で扱っている求人の多さ
  3. スカウト機能があるか

転職エージェント選びのポイント3つ

  1. 非公開求人の多さ
  2. 実績のあるアドバイザーがいるか
  3. サポート体制が充実しているか

ここであなたに質問ですが、この重要なポイントをすべて網羅している転職サイト転職エージェントがあれば最強だと思いませんか?

実はそれがあるんです!

それがこの記事でおススメしている転職サイトと転職エージェントです。

それでは行ってみましょう!

リクナビNEXT(転職サイト)

圧倒的なブランド力と認知度をもつリクルートが運営するリクナビNEXTは、求人の多さ・利用者数・転職決定数もぶっちぎりのNo.1です。

利用者数は800万人を超えています。

さらにリクナビNEXT限定の求人はなんと約85%もあります。

この数字を見れば、転職したい人からも、人材を求めている企業からも信頼されているサイトだってことが分かりますよね。

さらにスカウト機能も充実しているので、リクナビNEXTを使わない手はありません。

※リクナビNEXTについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事↓にまとめてありますので合わせてお読みください。

転職サイトで迷ったならリクナビNEXTを選ぶ3つの理由【決定版】 リクナビNEXTってたくさんの人が利用してるみたいだけど、なぜそんなに使ってる人が多いの? 決め手となる理由があるなら知りたい...

リクナビエージェント(転職エージェント)

同じくリクルートが運営するリクナビエージェントは、転職支援実績数がNo.1です。

リクルート系列はなんでもNo.1だなぁって感じですよね。笑

求人情報の9割が非公開求人なので、企業からの信用度も高いことが分かってもらえると思います。

非公開求人数は20万件を超えています。

※リクルートエージェントについてもこちらの記事↓により詳しくまとめてありますので合わせてお読みください。

リクルートエージェントの魅力【転職サポート実績No.1の理由】 リクルートエージェントを使ってみた人の評判って良いの?悪いの? ホントに転職成功できるの? こういった疑問を...

ここでリクナビNEXTリクナビエージェントの違いを確認しておきましょう。

↓この表を見てください。

リクナビNEXT リクルートエージェント
サービス アドバイザーが伴走する代わりに、Web上で気軽に読める便利な転職支援コンテンツや機能が充実しています。 アドバイザーが応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスを行います。
求人数 求人数は約9,000*です。 保有する求人数の多くは非公開求人で業界最大級の約150,000*に及びます。
支援方法 リクナビNEXTはWeb上で経歴などを登録すれば、どなたでも、どの求人にも応募することが可能です。 お申し込み後にアドバイザーとの面談を経てから、求人の紹介や転職支援サービスが開始されます。
サービス内容 求人検索や企業への応募だけでなく、経歴を登録しておくと、興味を持った企業や400社を超える提携転職エージェントからオファーが届くこともあります。 求人のご紹介と転職サポートがリクルートエージェントの主なサービスとなります。

*求人数は時期によって変動があります

ここであなたにもう一度質問です。

この2つのサービスの『良い部分だけを利用』出来たら一番効率的だと思いませんか?

つまり、こんな使い方です↓

リクナビNEXTで気になる求人を見つけて、その求人を持ってリクルートエージェントに相談する

もしリクナビNEXTだけなら、好きな求人を見つけても、応募から面接まで全部自分一人でやらなければいけません。

もしリクルートエージェントだけなら、アドバイザーに手伝ってもらえるけど、求人はアドバイザーが紹介するものだけになります。

でも2つのサービスを同時に利用すれば、

リクナビNEXTで気になる求人を見つけて、その求人を持ってリクルートエージェントに相談する

こんな使い方が可能になるんです!

つまり、2つ転職サービスが持っている特性の「良い部分だけを利用」をすることで、あなたにとって有利でかつ効率的な転職活動が可能なんです。

実際、リクルートのサイトでもこの方法は推奨していて、ホームページに以下のように書いてあります。

良い求人を網羅的に探すためには、両方のサービスを活用されることをお勧めいたします。

なので、繰り返しになりますが、転職サイト(リクナビNEXT)転職エージェント(リクルートエージェント)の二刀流が最強なんです!

では実際にあなたも利用してみましょう!

一度に2つのサービスに利用登録出来るので、方法はいたって簡単です。

まずはこのページから無料登録を進めてください↓
【公式HP】リクナビNEXT

登録を進めていく途中で

□転職支援サービスに登録する

という項目があるので、忘れずに□に✔を入れてください。

これでリクナビNEXTリクルートエージェントへのW登録が完了します。

リクナビNEXTの魅力をもっと知りたい方は、こちらからどうぞ↓

転職サイトで迷ったならリクナビNEXTを選ぶ3つの理由【決定版】 リクナビNEXTってたくさんの人が利用してるみたいだけど、なぜそんなに使ってる人が多いの? 決め手となる理由があるなら知りたい...

リクルートエージェントの魅力をもっと知りたい方は、こちらからどうぞ↓

リクルートエージェントの魅力【転職サポート実績No.1の理由】 リクルートエージェントを使ってみた人の評判って良いの?悪いの? ホントに転職成功できるの? こういった疑問を...

こんな経験ありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■でも何もせずにずるずる時間が過ぎてしまっている

■早くなんとかしないと…と思いつつも、具体的に何をしたらいいのかわからない

そんなあなたのために、『誰でもできる具体的な一歩』をお伝えします。