仕事の悩み

仕事をサクッと休む方法【休める言い訳と注意点をセットで解説】

休むのに都合の良い言い訳ないかなぁ。

手っ取り早く会社を休む方法を知りたい。

っていうか、そもそもこんな気持ちにならない方法があるなら知りたい。

こんな疑問に答えます。

✔本記事の内容

■仕事をサクッと休む方法(注意点アリ)

■仕事に行きたくない悩みを根本的になくす方法

この記事を書いている僕は過去にパワハラ上司にいじめられ、会社に行きたくなくなった経験があります。

たける
たける
仕事に行きたくなかったので、戦略的に会社を休んだ日もありました。

その時の経験をもとにこの記事を書いています。

3分ほどで読み終わりますので、ぜひ参考にしてください。

仕事をサクッと休む方法

次の3つです。

  • 風邪をひく
  • 家族の体調不良を理由にする
  • 吐き気や腹痛

説明不要な部分もあると思いますが、注意点と一緒に解説します。

風邪をひきました

堂々第一位は、この理由でしょう。

熱が出たらシンドイことぐらい誰でも知っているし、辛さも分かります。

職場としても、高熱がある人間に出社されて周りに菌をバラまかれるのはイヤですから、ムリに来いとはなりません。

上司に電話で休むことを伝える時に気を付けてほしいのが、症状を具体的に話さないことです。

例えば、「昨晩から熱が上がってきて・・」とか、「熱が38度もあって・・」とかを自分から言っちゃうのはNGです。

ウソにウソを積み重ねても逆効果で、余計に怪しさがムンムンします。

もし質問されたら答えるぐらいのスタンスでいきましょう。

家族が体調不良で・・・

身内の体調不良も理由としては使いやすいです。

子どもがいる人は、「子どもが熱を出してしまったので病院に連れて行かないといけない+さらに看病しないといけない」これで一日休む理由になりますよね。

子どもがいなくても、あなたの親が高齢であれば、「病院に送迎しないといけないので」といった感じの理由でも十分でしょう。

要するに、「それじゃあ仕方ないよね」ってところに落とし込むのがコツです。

この方法は事前に休みを伝える時にもつかえます。

例えば僕が実際に使った方法は、次の通りです。

→母に持病があって、毎週木曜日に医者に診てもらっている。
→いつもは父が送迎をしているが、明日は父の仕事が忙しく、送迎するヒマがない。
→なので、申し訳ないですが明日は僕が送迎するので、仕事を休ませて頂きます。

こんな感じで前日に上司に伝えていました。

吐き気や腹痛

精神的にやられていると、お腹が痛くなったり、吐き気に襲われることって本当にありますよね。

なので、その時の気持ちを思い出して、上司に今日は休ませてくださいと言いましょう。

ですがこの方法は、「気分がよくなったら昼から出てこいよ」と言われる可能性があります。

なので、最悪昼からなら出社してもいいかなって時に使ってみるといいでしょう。

【注意】身内の不幸は理由としてオススメしません

たまに身内の不幸を理由にして休む人もいますが、僕はオススメしません。
理由は、本当に身内に不幸があった時に、休みづらくなるからです。

僕の友人は、実際にこの事態にハマっちゃいました。

身内の不幸を理由にずる休みをした翌週に、本当に身内に不幸が訪れたのです。

なんかバチがあたったような気分にもなるし、なにより上司になんて説明すればいいか困りますよね。(「今回は本当に不幸があったんです」とは言えないですからね。)

それに身内の不幸を理由にずる休みした翌日には、同僚や上司から

  • 「大変だったね、お疲れさん」
  • 「どこまで行ってたの?」
  • 「お香典を渡すね」

などと声を掛けられる可能性大です。

この状況に耐えられる人なら良いですが、結構めんどくさいですよね。

人生に一度ぐらいなら使ってもいいかもしれませんが、2回目、3回目は正直難しいでしょう。

仕事を休みたい悩みを根本的になくす方法

ここからは、仕事を休みたいという悩みからどうすれば解放されるか考えましょう。

当たり前のことを言っちゃうと、、、ウソをついて会社を休んでもそれは一時的な対処法でしかありませんよね。

色々と理由を作ってずる休みしていても、根本的な悩みはなくならないのです。

ではどうしたらいいのか…?

実は休むという選択よりも、職場からいつでも逃げられる状態を作っておくことが、仕事に対する精神的苦痛をやわらげる一番の対処法なんです!

いつでも逃げられる状態を作っておくことの大切さについてはこの記事↓にまとめているので合わせてお読みください。

転職サイトに登録だけでもしておくべき理由【不満のある20代限定】 なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする ずっと今の仕事を続けるは無理 今すぐ会社をやめようとは思わないけど、...

僕は20代の時に『仕事に行きたくない。上司の顔を見たくない。』と真剣に悩んだ経験があって、こんな毎日では自分が潰れてしまうと本気で思った時期がありました。

でも僕はそんな状態から脱出できたんです!

その時の話はこちらの記事↓に書いたので、気になる方はぜひ読んでもらいたいです。あなたが過去の僕と同じ境遇なら参考になるハズです。

仕事の憂鬱から逃げる方法【少しの勇気であなたも変われます】せっかくの休みなのに明日から仕事だと思うと一気に気分が沈んでしまう。こんな憂鬱から脱出する方法はないかなぁ←こんな疑問に答えます。実際に憂鬱から脱出した僕が経験から分かった脱出する方法を解説します。じっとしていてはいつまでも今のままなので、まずは行動しませんか?...

【警告】ブラック企業ならすぐに逃げる準備をしましょう

あなたがもし、ブラック企業に勤めているならすぐに逃げて下さい。

今はなんとか頑張れると思ったとしても、ブラック企業に勤めることは長期的に見て、あなたの人生を不幸にします。

長時間労働が継続しているのであれば、うつ病の発生リスクや、過労死のリスクがあります。

ブラック企業の見分け方は、あなたが仕事を休みたいと言ったときの、会社の反応から判断できます。

えば、熱があるから休みたいと言っているのに、「熱が出たぐらいでなんだ!這ってでも出社しろ!」とか、「有給は認めない。欠勤扱いだな」といった感じで、有給を認めてもらえない場合は、ブラック企業じゃないかと疑ったほうがいいです。

まとめ:仕事がイヤなら長期的な対処法で身軽になろう

会社に行きたくない感情がこの先もまだまだ続きそうなら、その場しのぎのウソでずる休みするのではなく、根元の問題に手を打って対処しましょう。

あなたは定年まであと何年ありますか?
定年は今よりも延長されるだろうし、あと30年~40年近くあるんじゃないでしょうか。

まだまだ働くのですから、少しでも楽しいと思えるような仕事に就きたいと思いませんか?

少なくとも、毎日毎日ずる休みするこばかり考えないといけないような仕事からはオサラバしたいですよね。

すぐに転職をする気がなくても動き始めた方がいい

実際に転職するかは別として、求人を見ているだけで逃げ道があるという安心感から心に余裕が生まれます。

たける
たける
これだけでもずいぶん気持ちがラクになるんですよ。僕は体験済みなのでよくわかるんです(^^)

人は精神的にギリギリであればあるほど、狭い視野でしか物事を考えれなくなって、どんどん自分の選択肢を狭くしてしまうんです。

残念ながら、人間とはそういう生き物なんですよね。

あなたもまずは気持ちに余裕を持つことからやってみて下さい。

今のあなたにどんな逃げ道があるかだけでも今のうちから見ておきませんか?

転職サイトは完全無料匿名で登録OKなので、あなたにとってリスクはゼロです。

登録したからといって必ず転職しないといけないわけじゃないので、安心して下さいね。

優良な求人情報が集まる転職サイトはこちらです↓
【無料】リクナビNEXT公式ページ
毎週2万6000人以上が新規登録しているという超大手の転職サイトです

さらにリクナビNEXTは「とりあえず求人だけ見てみたいなぁ」といった人を歓迎しているので、逃げ道を知っておくために利用したい人にはぴったりです。

そこでもし、あなたのやってみたい好都合な仕事が見つかれば、その時に乗り換えればいいんですよ。

求人サイトに登録していなければ、こういった情報さえも知ることが出来ないですからね。
【無料】リクナビNEXT公式ページ
情報を入手する経路だけでも今のうちに作っておきましょう!

こんな悩みありませんか?

■なんとなく今の会社にずっといるのは違う気がする

■この先ずっと今の仕事をするのはムリ

■今すぐ会社をやめようとは思わないけど、いつか限界が来そう

こんな仕事の悩みを解消する方法を、ここからお伝えします↓