仕事の悩み

仕事が早くて成果を出す人の特徴!ナニソレ誰でもできるじゃん!

どんな会社でも、仕事が早い人、結果を出す人っていますよね。

みんな同じようなことをやっているはずなのに、なんで差が出てしまうのか・・

たける
たける
仕事の結果を左右するのはほんの些細なことなんです。

仕事ができる人たちは、ちょっとしたことを気にかけていたり、人より少しだけ努力してたりします。

社会人として10年以上働いていると、嫌でも自分の周りで仕事ができる人たちの特徴に気付いてしまいます。

僕はその人たちを真似してみたら、驚くほど仕事で評価されるようになりました。

そんなことなら、もっと早くに気付きたかった!

嬉しい反面、気付くのが遅くて悔しい気持ちになったのを覚えています。

誰でもできる!という点は、最後まで読めばあなたも納得できるはず。

この記事では、仕事が早い人、成果を出す人の特徴にフォーカスして、あなたが今日から実践できるノウハウを紹介します。

関連記事

【自分の強みがわからない人必見】見つける方法と活かし方教えます!自分の強みってなんだろう?自分には自信がないし、得意分野もないから職場で目立てない。強みを見つける方法があれば知りたいなぁ←こんな疑問に答えます。自分強みが分かれば、職場でうもれることなく活躍することができますよ。...
「人にうまく説明できない」を驚くほど簡単に克服する方法!人にうまく説明できない人は、説明することだけに意識を置いている事が原因です。うまく説明するには、結論を先に言いましょう。うまく説明する簡単なテンプレートも紹介していますので、話が上手くなりたい人は必見です。...

仕事が早い人、成果を出す人の特徴

まずは仕事ができる人たちとは、どんな人なのかを整理していきましょう。

僕が気付いた特徴は以下の4つ。

✔仕事が早い人、成果を出す人の特徴

  • 問題は大きくなる前に対処する
  • 段取りに時間をかける
  • 適度に手を抜いている
  • 周囲の協力を得るのが上手い

問題は大きくなる前に対処する

問題を先延ばしにした結果、その問題が大きくなってしまい対処するのが難しくなってしまうという話は、良くある話です。

もちろん、これは仕事に限らず何にでも言えます。

記憶に新しい出来事で言えば、コロナウイルスも同じですね。

中国が隠ぺいしなければ、WHOがもっと早く世界に危険性を伝えていれば、コロナウイルスが世界中をパニックに陥れることはなかったでしょう。

問題を先延ばしにして時間が解決してくれるということはめったにありません。

むしろ、課題は小さなうちならば簡単に解決できるんです。

何か課題に気付いた時、すぐに上司や事情に詳しい人に相談したり、挽回する計画を実行したりするのが大切です。

多くの人はそれをやらないから、問題が大きくなって対処に苦労するわけです。

仕事ができる人は、問題を先送りにせず早めに対処することで、大きな問題に発展するリスクを回避しています。

段取りに時間をかける

仕事ができる人は段取りに時間をかけていて、仕事ができない人は後処理に時間をかけています。

交渉を例にすれば、顧客がどんな性格なのか、どんなニーズがあるのか、こちらが提示できるメリットは何か、それを踏まえてどういう結論にもっていきたいのか考えておくということ。

ちょうど就職活動と似ていると思います。

就活では、自己PRや志望動機などを企業のニーズ(求める人材)に合わせて組み立てて、面接という商談に臨んでいたはずです。

しかし、就活でできたことが、仕事になるととたんにできなくなる人が多いのです。

先ほどは商談という分かりやすい例を使いましたが、もちろん交渉以外の仕事(社内調整)でも、関係部署が求めていることは何か、もっていきたい結論は何か、考えて仕事することはできます。

仕事ができる人が最も時間を割くのは段取りです。根回しや事前準備をして、目的を明確にして本番を迎えるのが特徴です。

適度に手を抜いている

ここまで言うと、仕事ができる人ってたいへんだなという印象を持っているかもしれません。

しかし、実は適度に手を抜いているのも、仕事ができる人の特徴だと思います。

人間の能力は、本来そこまで差が無いです。特に、会社は入社試験というフィルターを通して、一定水準以上の人材が集まっています。

めちゃくちゃ優秀な人、天才的な人なんて滅多にいないです。

仕事ができるように見える人だって、全てに全力投球していては集中力が持たないはずなんです。

できる人はどうでも良い仕事(会社の利益に結びつかない仕事)をしっかり見極めて、適度に手を抜いている。言い換えると、要領が良いのです。

あなたの周りにも、要領良く仕事をしている人がいませんか?

仕事ができる人は要領が良く、重要な仕事とそうではない仕事をきちんと区別して、力の入れ具合を調節している。

周囲の協力を得るのが上手い

最後の特徴として、できる人は周囲の協力を得るのが上手いということです。

先ほどの要領が良いという話と似たような話にはなりますが、仕事ができる人は仕事の勘どころみたいなものを良く心得ています。

だから、任せるところは仲間に任せてしまって、しっかり要所を押さえて結果に結びつけています。

また、仕事ができる人は頼む際にやってほしいことが明確です。

これも自分の中で、ゴールが明確になっているからこそやってほしいことや手順などを分かりやすく伝えることができます。

仕事ができる人は、仕事の割り振り方も上手い。本当に重要なところ以外はお願いして、効率良く仕事を進めています。

仕事が遅い、結果が出ないと悩む前にやるべきこと

仕事ができる人の特徴は分かったけど、こんなハイスペック人材になるのは自分には無理そうです。
たける
たける
確かに、これを真似するのはなかなか難しいかも。
なので、簡単なところから始めましょう。

仕事ができる人の特徴を真似する必要はありません。

以下のステップで取り組んでいけば、仕事ができる人の特徴がおのずと身に付いているはずです。

今日から始める!ハイパフォーマンス人材計画

STEP1:当たり前のことをきちんとやる

STEP2:仕事に優先順位付けをする

STEP3:人付き合いを円滑にする

ちなみに、勘違いしないで欲しいのは、これを全てできる必要はありません。

もちろん、STEP3まで完璧にできれば、あなたは完全に仕事ができる人になっています。

でも、STEP1ができるだけでも、周囲の評価は変わっていると思います。

あなたができそうな範囲からで取り組んでみてください。

STEP1 当たり前のことをきちんとやろう

どういうこと?って思った方もいるかもしれません。

でも、文字通り当たり前のことをきちんとやってほしいんです。

簡単なことですがベースとなることなので、仕事ができる人材になりたいならば、ここは絶対外せない最初のステップです!

当たり前のことをきちんとやれるだけで評価される

いきなりトップレベルを目指す必要はありません。

転職や異動でいくつかの職場を経験したり、営業、購買担当として様々なお客さんを相手にしてきた僕が日々感じていたのは、当たり前のことすらできない人が多いということ。

ここで言う当たり前のこととは

  • メールはきちんと返信する
  • 不在着信に気付いたら、早めに掛け直す
  • 仕事相手をリスペクトする

こんなことは、別に特別なことではないですよね。

でも、メールや電話を無視したり、仕事相手を馬鹿にしたり、高圧的な態度を取ったり、そんな人が山のようにいます。

当たり前のことをきちんとできるようになるというのを、まずは意識してみてください。

ハードルを上げる必要はありません。

社会人として、ひいては人として、当たり前だなとあなたが思うことを紙に書き出してみてください。

そして、それがあなたはできているのか、胸に手を当てて考えてみましょう。

完璧じゃなくても、今できていないことを改善するだけで、確実にあなたは世の中の平均以上の人材になることができるでしょう。

小さな成功体験があなたを成長させる

「当たり前のことができるようになる」

漠然としていて、雲をつかむような印象を受けた方もいるかもしれません。

でも、一つずつ今できていないことを潰していく以外に近道はありません。

指定された期日に回答が遅れる、後輩に高圧的な態度を取ってしまった等の経験があるならば、どうやったら繰り返さずに済むのか考えてみましょう。

簡単な依頼はその場で片づける、スケジュールにメモしておく、相手の意見を否定しない等、ひとつずつ対策を練って改善していきましょう。

できないことができるようになるという成功体験を積み重ねてください。

実際に、毎日のちょっとした積み重ねや心構えの変化が、あなたを大きく成長させていくことになります。

ここまでがステップ1です。

こんなのできるわけない!とは言わせませんよ、笑。

STEP2 優先順位を付けて、順序良く片付けよう

当たり前のことをできるようなったら、もう少し努力してステップアップを考えてみてください。

もちろん、そんなに難しいことではありません。

STEP2として、客観的に仕事を整理する方法を習得して、優先順位付けが上手くできるようになりましょう。

「仕事が早い」「仕事ができる」という人は、無意識かもしれませんが仕事を整理して優先順位付けするのが上手いんですよね。

仕事を効率的に進めるには、この能力は必要だと思います。

仕事は重要度と緊急度で区別しよう

タスクを重要度と緊急度のマトリックスを使って整理する方法を紹介します。

これは、アメリカの著名な経営コンサルタントであるスティーブン・R・コヴィー氏によって書かれた名著「7つの習慣」で有名になった優先順位付けの方法です。

まずは下図をご覧ください。

このマトリックスでは、仕事を重要度と緊急度の高低で4つの部屋に分けます。

最優先となるのは重要度と緊急度の高い①です。

そして重要度と緊急度の低い④は簡単な話ならば誰かに委託するか、しばらく放置しておいても良いものです。

このマトリックスを使う意義は、②と③をきちんと整理することにあります。

それぞれの具体例は以下。

②(重要だが緊急ではない)⇒業務の仕組み作り、販売戦略の立案

③(緊急だが重要ではない)⇒顧客からの問合せ、日報

最初は紙に書き出して整理してみてください。

今やろうとしている仕事がどこに分類されるものなのかを意識して、仕事を整理する習慣をつけましょう。

慣れてくれば、常に頭の中にこのマトリックスが浮かぶようになります。

重要度の高い仕事がいかにできるかで差が付く

多くの人は、重要だが緊急ではない仕事(マトリックスの②)よりも、緊急だが重要ではない仕事(マトリックスの③)を優先しがちです。

緊急性が高い仕事なので、それを片付けるのも大切なのですが、実は重要度の高い仕事にいかに時間を割けるかで差が付いていきます。

販売戦略の立案や業務の仕組み作りなど、一見すると緊急性は高くありませんが、そうした土台がしっかりした組織は長期的に成果を出すことができます。

一方で、そういった土台が無い組織は、行き当たりばったりで個の力に頼る脆い組織です。

これは、あなた個人に置き換えても同じことが言えます。

例えば、何かスパンの長いプロジェクトで目の前の業務ばかりに集中していると、業務の仕組み作りや協力者との情報共有、後輩の育成がおざなりとなり全体のパフォーマンスが上がらず、あなたも苦しくなっていく・・なんてことも。

他にも、少し毛色が変わりますが英語を必要だと分かっているのに放置していませんか?

仕事ではないかもですが、英語学習が「②重要だが緊急ではないもの」になる人は多いのではないでしょうか。

重要度の高い仕事にどれだけ時間を割けるかが、長期的なパフォーマンスを左右します。ここが整理できると仕事の段取りがつけやすくなります。

STEP3 人付き合いを円滑にしよう

人によっては難しいと感じるポイントかもしれません。

でも、ご安心ください!

STEP2までできるようになっている時点で、世の中的にはあなたは仕事ができる人材と見なされるはず。

さらに一流になるためのステップだと思って、チャレンジしてみてください。

僕自身もこの手の専門家ではありません。

そんな僕でも、D・カーネギー氏の名著「人を動かす」を読んで実践した結果、人付き合いが得意と言えるまでになりました。

僕が実践して効果があったことを中心に、今日からできる人間関係構築のコツを紹介していきます。

相手のことをリスペクトする

これは、名著「人を動かす」の中で学んだ話で、相手に対して「批判も非難もしない。苦情も言わない」と紹介されています。

また、どんな人間でも自分より優れた点を持っているのでそれを学ぶべきとも書かれています。

誰かを非難していたり、愚痴をこぼしている人って、単純にカッコ悪いですよね。

むしろ、どんな相手に対しても敬意を持って接することができる人間の方が人望もあるし、仕事も上手くいくというものです。

それを僕なりにかみ砕くと、相手のことをリスペクトするということです。

生きていれば、納得いかないことや苦手な人は必ず直面すると思うので、意識として持っておくと良いと思います。

もしかすると、その瞬間はストレスを溜めてしまう結果になるかもしれません。

でも、振り返ってみた時に、相手を尊重して動いた方が良い結果に結びつくということは実感できるはずです。

相手の立場に身を置く

「相手をリスペクトする」に似ていると感じるかもしれません。

でも、意味合いは少し違います。

人間って、誰もが自分のことが一番かわいいものです。

いつだって自分のことにしか興味がありません。

それは仕事でも同じで、相手の要望や思いだけ聞かされても何も心に響かない。

むしろ、自分の立場になって物事を考えてくれる相手の話には好印象を持ち、耳を傾けたくなります。

ちなみに、我々日本人はこうした考え方に馴染みがあります。

日本を代表する企業であるトヨタ自動車のモノづくりの考え方の一つには、後工程はお客様というものがあります。

社内仕事であっても、必ずあなたの仕事の受け取り手が存在していて、その人達がどんなニーズを持っているのか考えて仕事をしないといけない。

こんな考え方がトヨタに浸透したのは、日本人だったからに他ならない。

海外では、分かっていても真似できないトヨタの強みの一つですね。

つまり、日本人には素養がある人が多いと思うので、相手の立場に共感することをぜひ意識してみてください。

人付き合いのコツをまとめると、「相手をリスペクトする」「相手の立場に共感する」この2点を押さえれば、たいてい上手くいきます。

仕事で成果を出す人って、些細な違いじゃないですか?

先ほど、各ステップをクリアすれば、仕事ができる人の特徴がおのずと身に付いていると説明したのを覚えていますか?

仕事ができる人の特徴は以下4つでした。

  • 問題は大きくなる前に対処する
  • 段取りに時間をかける
  • 適度に手を抜いている
  • 周囲の協力を得るのが上手い

各ステップをクリアしたら、これらが身に付いているのか・・

ザックリですが、以下のようなイメージ。

STEP1:当たり前のことをきちんとやる
⇒問題は大きくなる前に対処できる

STEP2:仕事に優先順位付けをする
⇒仕事の段取りが上手くなる
⇒手を抜く仕事が分かる

STEP3:人付き合いを円滑にする
⇒周囲が協力が得やすくなる

いかがでしょうか。

たける
たける
先ほどは雲の上の存在に感じたかもですが、各ステップをクリアすればあなたも仕事ができる人になれるんです。

覚えておいて欲しいことは、仕事で成果を出せる人材は誰でもなれるし、そんなに難しいことではないということ。

しっかりポイントを押さえて取り組めば、誰にでも可能性があります。

もちろん、全てできる必要はありません。

今あなたが「仕事が早い」「仕事ができる」と思っている人も、完璧ではないはず。

今日紹介したことの中から、一つずつあなたができそうなことを始めていけばいいんです。

それで確実に周囲の評価はかわっていきます!